[ 宗教 ]

2017年07月25日12:03
1 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
京都
新潟
長野
徳島
高知

故郷宮崎は少なくて悲しい
2 :名無しさん@おーぷん ID:oys
おいおいおい、妖怪の聖地岩手が入ってないじゃないか
3 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
京都は本場で
徳島は妖怪村とかいうのあって狸多くて
高知は特製の妖怪絵巻がある
4 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
新潟と長野はよくわからない
5 :名無しさん@おーぷん ID:y9K
遠野物語が有名な岩手は?
6 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
岩手がないのもよくわからない
7 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
単なるwikiのページ数上位なんだけどね
8 :名無しさん@おーぷん ID:WzG
>>1は妖怪検定とか取ってる人?
9 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
取ってないよ
10 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
地方限定の妖怪ってどんなんがあるん?







11 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>10
基本的に妖怪は地方限定と思うよ
12 :名無しさん@おーぷん ID:kWi
み、宮崎は神話が強いから…
19 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>12
神話に縁あるなら妖怪もいてもいいと思った
13 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
たとえば鬼太郎の仲間だったら
一旦木綿は鹿児島で
砂かけ婆は奈良とか
14 :名無しさん@おーぷん ID:oys
妖怪いいよなー

こう言うとこで不思議に出会いたい
21 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>14
それとは違うかもしれんけど
熊野古道とかいうところ行ってみたい
24 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>21
最高だよな!!
俺も絶対に行ったるねん
16 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
全国的におるのは河童や天狗みたいな大スターと
情報が回りやすかった現代妖怪だけ
17 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
キジムナーが沖縄、ぐらいしかわからんわ
22 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>17
あれまんま鬼(外国人)だよな
なんで子供の姿なのかは疑問だけど
28 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>17
その都道府県の妖怪って地元の人も知らないこと多いんだけど
キジムナーは沖縄県民なら割と知ってるらしい
31 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>28
めぼしいそれぐらいしかいないからな、あとは耳切坊主とか
ちな県民
沖縄でもブナガヤって呼ぶ地域があったり、奄美ではケンムン(化物=ケモノ?)って呼び方になったりするよ
33 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>31
耳切坊主について是非教えて欲しい
ブナガヤ火とかっていうのは別の妖怪かと思ってた
43 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>33
まぁ妖怪ってよりは怨霊の類だけどな
すげー悪徳坊主がいて、そいつは碁が強かったんだけど、懲らしめる為に聡明な王子が碁の勝負を持ちかける
んで、それに負けた坊主は耳を切られる
その怪我が元で死んじゃって、夜な夜な耳を切る為に現れるってお話
耳なし芳一の亜種みたいな感じなのかもね
あとは逆立ち幽霊とかもいるよ
45 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>43
耳なし芳一が海渡るとそうなるのか
芳一に比べて生命力が無いが
48 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>45
しかも本当は命取られる賭けで、インチキまでして負けてんだぜ
なのに耳切りに出てくるとか聳糞もいいとこだよな
18 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
伏見稲荷大社で山の中迷ってたら猿が道案内してくれたんだけどあれ絶対妖怪だったわ
25 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>18
kwsk
35 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>32
みためはノーマルな猿?
37 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>35
うむ
小柄で毛並みが良くて可愛かった
特に神様みたいな風貌はしてなかった
41 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>37
道案内といえば八咫烏だけど
そいつも神様そのものじゃなくて使いだったのかもしらんね
36 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>32
不思議なこともあるんやな
伏見稲荷大社地元民やけど、猿の話は聞いたことないわ
39 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>36
猿自体はよく出るよね?
42 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>39
猿…いるんかな…?
47 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>42
いないんだったらガチで妖怪やん
今まで野生の猿か妖怪か信じるも信じないも俺次第的な笑い話だったのに
54 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>47
俺が見たことないだけで入ることはいるのかもしれん
ただ伏見稲荷大社って山の中に本殿があるけど、住宅地の近くやし、危険やな
26 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>18
それは異獣ってやつじゃないか
弁当あげたら道案内してくれるやつ
32 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>25
冒険心から歩きづらくて細い道に入ったら迷っちゃって
2時間くらい彷徨ってたら林の中から猿が出てきて
ヤベェ襲われるってビビってたらこっちチラチラ見ながら3本道の真ん中歩いてったんだよ
なんとなくそっち行ったら「この先頂上」って書いてある看板があって
登ってったら人がたくさんいる鳥居が並んだ例の道に出られた
そこからちょっと行った所にあった店で食ったきな粉ソフトが疲れてたから死ぬ程美味かった

>>26
お供えしたい気分だったが不法投棄になっちゃうしな
30 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
みなも自分とこの伝承を知っておくと楽しいかもしれんよ
38 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
狐なら結構あるんだろうけどね







58 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
上で大体の妖怪は地方限定って書いたけど
件の逆立ち幽霊とか耳切坊主みたいに
共通点を持って別の県に進出してる妖怪は沢山います

これを追っていくと結構楽しかったりする
59 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>58
因幡の白兎なんかは国すら越えてるよな
そう言うのも興味深いわ
61 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>59
国越えてんのはすごいわ
そこまでいくと口承伝播とかってより
集合的無意識みたいな話題になるんじゃないの
63 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>61
あ でも日本の中国由来妖怪はまた別か
自分はそんなことないと思うけど
真面目に妖怪を学問にしてた人曰く日本妖怪の7割は中国産
67 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>61
近いものだと出てくる動物が違うだけってぐらい似てる話もあるから、きっと何か等しい教訓があったんだろうね
それこそ昔の生活に於いては命にかかわる
68 :名無しさん@おーぷん ID:LgX
>>59
あれは元々はインド〜東南アジアの伝承だという研究があって
ウサギが渡っていったのは河のワニの背中だとか
62 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
龍(ドラゴン)の文化が世界的にあるのは、
発掘される恐竜の化石から各々想像した結果って説読んだことあるけど
どうなんだろうね
64 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
長野は山ばっかなのが妖怪にとって都合いいのかなとふと思ったけど
宮崎も山ばっかのはずだった
65 :名無しさん@おーぷん ID:LgX
欧米に移民した連中も含めて中国人はドラゴン好き過ぎるだろうwww
どこにでも龍を飾ってる印象
69 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>65
五行の聖獣なんか龍が被ってても気にしないからな
77 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
ちなみに妖怪の名前はウで終わるのがめちゃくちゃ多い
しりとりにならないレベル
78 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
新潟の妖怪は見たら佐渡島のものが多かった
有名な狸が伝わる土地でもある
80 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
狸が多いところは妖怪が増えやすいのかもしれない
徳島と、高知も四国だし
81 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
あと離島が妖怪多いような気もする
東京に属する離島にも結構いる
84 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
水木しげるの鳥取も妖怪少ないという
よくあんな逸材が生まれたもんだという感じ

a15channel
2017年06月25日10:53
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
ワイやで
死ぬときまで分からないんだよな
2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UHP8Akpdd.net
まあ死ぬのは苦しそうだよな
6 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>2ずっと死にたくないってもがき続けたら死ななそうじゃね
3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AiqFipAB0.net
いままで何十億?人も体験してることやからへーきやろ

って自分に言い聞かせてる
101 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:7LDYxbZ00.net
>>3
死ぬ時は自分が世界で初めてなんだよなぁ
4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:x3kdbTtB0.net
毎日寝る瞬間が認識できないように
自分が死ぬ瞬間も認識できないから何も怖い事はないぞ
7 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:aD6fiC24a.net
ガキの頃は死後の事が怖かったけど今は逆や
一瞬で死ねるボタンがあれば押すで
12 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
そら若いからやぞ
年老いて頭狂ってくうちに恐怖なんざきえる
13 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:hD9GjP240.net
死後の世界がどんなに楽しくても
ワイは今のこの世界を認識出来なくなるのが嫌や
25 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>13俺も全く一緒やで
俺が死んだらお前にレスすることは何億年経っても出来ない
全て終わるんやな







14 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:DMSLnZbb0.net
ロボットになってもいいから死にたくないわ
16 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
俺は死ぬときの感覚は恐怖だと思うわ
この現世で知り合った人ともう誰とも話せない、もう誰の顔も見ることができない、もう誰のことを考えることもできない
そう思うと寂しくなるんだよな
79 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:5oezO+Gg0.net
>>16
年寄りなったらそんな感情も無くなるんやで
88 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:T9pBqSFa0.net
>>79
ワイの爺ちゃん死にたくない言いながら死んだな...
小学生の時やったからトラウマ
17 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
つまらんよな死んで終わり
まあ日本なんかで不老不死なんかなったら偉いことやけどな
18 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
あと死後の世界とか言ってるガイジおるけど死んだら終わりやからな
今感じてる世界も生きているからあるだけで死んだらなにもない
22 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zxrZylG+d.net
>>18
それを証明できればええんやがな
30 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
>>22
もう証明したようなもんだぞ
ただ宗教のせいで死後の世界だの何だのっていう迷信が言われているだけ
感覚を感じる脳が停止する時点で終わりなんだよ
36 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>18
体が無くなるからな 
意識や知能は脳が生み出してるし目や耳などの感覚器官によって世界を知ることができているのであって死んだらそれらの機能が全て停止するから当たり前の話やな
41 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>18まさしく”無”やな
生まれてこれて本当に良かった
もしかしたら俺の意識を構成してる何かは無限に無を彷徨ってたかもしれん
51 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
>>41
お前が生まれてきた、のではなくて
感覚がおまえを存在させているだけな
81 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>51俺は生まれてくるまでの時間何も存在してなかったのか
だとしたら何も怖くないはずだけど、なぜか死後は怖い
一度意識を持つと無が怖くなるわ
19 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
死後なんかあるわけ無いやん
脳がないのにどうやって世界を認知すんねん
23 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:T9pBqSFa0.net
無なんて人間の想像やしな
どうなるかわからん
24 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UeGr/D4X0.net
死ぬのなら夜寝て気がつかないうちに死にたい
27 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:3lISoInNx.net
死後の恐怖って現世の未練の裏返しと違うか
28 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zTp0nExfr.net
死んだら意識はどこ行くんや
このまま消えるなんて寂しすぎるで
32 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>28
意識は脳が生きてるからあるだけやん
59 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>32
脳が損傷したら性格が変わったり知的障害になったりとかもするし何よりも認知症みたいな病気が存在していることが人間の自我、意識は脳が生み出している幻想に過ぎないということを何よりも証明していると思う
38 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:uD/rLO6U0.net
幽霊探しに行きたいわ
どんなに怖くてもいたら嬉しい
43 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:lKZUES+q0.net
寝たら自我無くなる瞬間あるやろ
あれと一緒や
45 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>43
これでなんであの世があるとか思えるんやろなぁ
57 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AiqFipAB0.net
>>45
夢見るからかもな
死んだらずっとこんな夢見るんかな・・・
とか考える人がいてもおかしくはない
61 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>43何もないアレが何億何兆何京年も続くと思うと寂しくなる

自我がないから寂しくなるはずないやろって自分で分かってるけど、それでも寂しくなるわ
49 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a8b+W2iE0.net
この宇宙が始まって数十億年経ってる訳やがお前が生きてる間のほうが圧倒的に短いやん
お前が生まれる前の途方も無い時間を覚えてるか?
死んだら生まれる前に戻るだけで何も無いで
55 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>49
さみしいなぁ
97 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>49いま生きてる俺が死んだあとの途方もない無の時間を恐れてるだけやで
自我を持ってる人間が自我が無くなることを恐れるのは当然のことやろ
52 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EaMDpQkgd.net
今は平然と生きてるけどいつか人生にも終わりが来ると思うと辛い
無に還るんや、そして自分が無であることすら認識できなくなるんや
83 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>52ンゴオオオオオオ
89 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>52
せやな だからこそ辛いことがあっても生きていけるんだろうけどな
人生には終わりがあるということがわかってるからこそ







78 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:U5YOO4mQ0.net
グッスリ落ちて寝てる時っていうほど悪くない感覚やろ?むしろ気持ちいいって感じやん
んで、夢を見てる時のほうが結構怖かったりするやんけ
特に寝起きに関してはマジでだるいやろ
人の一番恐怖だった時は生まれる時だった同様に
死後の世界も案外悪くないのかもしれんぞ
85 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
まあ宗教が存在する理由の大部分は死、だからな
87 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:p8kxsL9Ma.net
脳は意識の受信機で死んだら意識はバラバラになった後別の受信機に行くって説があるけど意識を発射しとる奴は何もんなんやろか
90 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:jIbir/VB0.net
死んだら寂しさや恐怖はおろか無すらも感じないからな
何にも心配する事はない
92 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:A+KqGfxD0.net
休みが永遠にあると日常生活が恋しくなるやろ?
永遠に同じことが続くのは地獄なんや
107 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:OFJfMIQia.net
誰でもメチャクチャ怖いんや
だからボケるんやで
人間最期の自衛や

a15channel
2017年06月01日18:51
2 :名無しさん@涙目です。(石川県)@\(^o^)/ <small>[MX]</small> ID:havnQtq80.net
徳を積んだミジンコとかが人間にレベルアップしてんだよ
82 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:kpUIfo2n0.net
>>2
だとすると数の割合からしてかなりのエリートミジンコじゃね?
155 :名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ <small>[AU]</small> ID:h6YK9T+N0.net
>>82
ミジンコが積める徳なんて限られているからな
159 :名無しさん@涙目です。(家)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:E/ONJEgT0.net
>>2
大量発生したミジンコの魂は何から生まれ変わってんだよ
182 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:KTv8g/Lb0.net
>>159
するどい
193 :名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ <small>[BG]</small> ID:eHSyDwgV0.net
>>182
その分、同じかそれ以上の桁で増減する生命があるってだえじゃん、なにが鋭いのか
462 :名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:YdCAxk/J0.net
>>2
ミジンコより人間が上ってのが思い上がりだわ 
悪行の限りを尽くしたミジンコが
キサマを人間にしてやる〜w
閻魔様〜それだけは勘弁して下さい(懇願)
くらいなノリでミジンコ界の極刑かも知れないだろ
3 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:Sc0QDu6B0.net
宇宙は地球だけじゃない

はい論破
337 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[EU]</small> ID:08dD/j3a0.net
>>3
なるほど
どこかの宇宙のどこかの星が滅んだのかも名
5 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:XK2Hos1W0.net
別に前世が人間とは限らんし絶滅動物が増えた分じゃね







8 :名無しさん@涙目です。(芋)@\(^o^)/ <small>[DE]</small> ID:8tVRd8pw0.net
分裂してんだよ
たまに夢で、自分じゃない誰かの記憶を覗くだろ?
そいつは現代に生きてる魂の片割れ
19 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ <small>[GB]</small> ID:FxcUMeCX0.net
>>8
いつもおしっこ漏れそうになってて
必死にトイレ探してるのにトイレがどこも汚くて絶望してる奴が片割れとか嫌すぎる
50 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[EU]</small> ID:wZ1XxsMm0.net
>>19
毎回毎回高い所から落ちる奴とか車のブレーキが効かない奴もカンベンしてほしい
126 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:WWfsq9Di0.net
>>19
俺の片割れは「テスト前に勉強してこなかったことを後悔する」を繰り返してるのか
9 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[CA]</small> ID:EKwdqR/60.net
あの世で生まれ変わり待ちの人が何億人もいるんだよ
11 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:TPYQYLm00.net
生まれ変わっても人間とは限らない
169 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[KR]</small> ID:XfmPnNXG0.net
>>11
これな
しかも、別な宇宙がいっぱいあって全く同じ世界と時間が平行して進んでいる
しかし少しは変化している、パラレルワールドが何個もあると
ようは、考えるだけまだ無駄な話し
12 :名無しさん@涙目です。(WiMAX)@\(^o^)/ <small>[CA]</small> ID:ODjs/lC+0.net
それより墓が増え続ける問題はどうなるんだ?
171 :名無しさん@涙目です。(京都府)@\(^o^)/ <small>[CA]</small> ID:JWjNRlGw0.net
>>12
たしかに墓いらんだろ 一人っ子が何軒引き受けるんだよ 墓なんざ40年前までは大層なもんじゃなく、木製もあった 
ただの昭和の宗教ビジネス
345 :名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ <small>[SE]</small> ID:iRl44Q3I0.net
>>171
結構な歴史的な有名人でも墓は燈籠一つ置いてあるだけだったりするしな。
いや、それすらも無くて「誰々墓所」とか立て看板だけの人もいるし。
元々はそんなもんだったのかもな。
15 :名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:I7fGflYl0.net
生まれ変わりなんてないしあの世もないよ
27 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[JP]</small> ID:AjFs/3/f0.net
幼児が30年前に死んだ兵隊の記憶を持ってるとか話あったじゃん
あれは生まれ変わりっしょ
33 :名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:SVfT8KCc0.net
所詮輪廻転生の教えなんて宗教家が道徳規範を守らせるために死の恐怖を利用して作り上げた方便に過ぎん。
38 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:GtrNS4wv0.net
人一人に宿る魂が薄くなってるって話はあったな
だから今の人間は昔に比べると数は多いが心を失ってしまってるだのなんだの

いやアホくさとは思ったけどね
40 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:LG0hWLMQ0.net
うちの猫も今頃は人になってるかも
43 :名無しさん@涙目です。(福岡県)@\(^o^)/ <small>[AE]</small> ID:ZyGtaJRu0.net
平行世界ってヤツ。
この世だけじゃない。
46 :名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:cM7aUYTR0.net
人数的にも死後の世界が通常世界なんだよ。
で、死後の世界で犯罪を犯すと、現生に遅れらる。罪が償えると死後の世界に戻れる。
512 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[BR]</small> ID:YJ6sL9740.net
>>46
死刑執行された極悪人は?
49 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:XyQilO0b0.net
増えてない
生まれ変わるまでの待ち時間が短くなった
ずっと昔は数千年待ちとかザラ
今は数年で空きが出るし、希望によっては即シャキ
59 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ <small>[ヌコ]</small> ID:TpLjqt960.net
そもそも記憶を引き継がない転生って意味あるのか?
ある特定のIDが付いたフラッシュメモリのデータを定期的に消去して新しいデータを入力してるってこと?
人格とか人間存在ってデータそのものなのに入れ物なんてどうでもよくね?
292 :名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ <small>[FI]</small> ID:bffhNHOOO.net
>>59
凄い面白いゲームも、飽きるまで遊んだらもう、最初の新鮮さは二度と得られない訳だが

記憶も体も新しくなると、それがまた出来る訳で
70 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[KR]</small> ID:1UNxaJPZ0.net
だからなんで人間は人間にしか生まれ変わらないと思うんだよ
虫や動物や宇宙人も生まれ変わるんだよ
77 :名無しさん@涙目です。(家)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:uu+SJYqK0.net
鋭い指摘だな
褒美として来世はネコにしてやる
85 :名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ <small>[PT]</small> ID:uGrem4ot0.net
マンボウが一度に生む卵は3億だぞ
人類が60億だの70億だのいったところで生物全体から見たら大した数ではない
86 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[BG]</small> ID:55YimSAw0.net
>>1
過去に今まで生きてきた人間と今現在生きてる人間の数は同等
90 :名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ <small>[CZ]</small> ID:5W73bR4l0.net
>>86
集結してるやん
何が始まるんですか?
102 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:/wMklaxn0.net
>>86
んなこたない
過去の人間は100億とかもっと多いはず
92 :名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ <small>[FR]</small> ID:TsR6OKpG0.net
増えた魂はどこから来たの?
っていうけどじゃあ魂自体はどうやって出来たの?
一番最初に生まれた魂だけが循環してるの?って話になる
108 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:ZXYrBRG80.net
人→人→人→人→人→人で転生してきてるヤツと
人→動物→人→動物→動物→人って転生してきてるヤツのレベルは大きく違う

ちょっと聞いただけで直ぐ理解出来るヤツは前世も人
理解出来ないヤツの前世はイノシシ
111 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:EHikQsCJ0.net
>>108
レベルが高いといいことあるの?







120 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:H97sUo+m0.net
>>111
上手に生きられる
ぶっちゃけ同じ事を繰り返してるだけだから、無意識下の人であった前世の記憶が多いに役に立つ
前世がイノシシだと、無意識下で美味しいサツマイモが見分けられる位
302 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:17QZiocM0.net
>>108
お前の中でイノシシはどんな位置付けなんだよw
115 :名無しさん@涙目です。(鹿児島県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:PDiO/8/i0.net
前世は井戸に突き落とされた山伏って母ちゃんの友達が言ってたらしいけどそう言われてもちょっと困る
152 :名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ <small>[AE]</small> ID:5UDKjhSq0.net
>>115
一部のスピリチュアル系はすぐに「前世は山伏」とかいうよな。そんなに山伏ばかりいるかっての。
123 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ <small>[JP]</small> ID:uWuOmumC0.net
魂の格は七段階あるから
増えるのは幼児魂
124 :名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ <small>[JP]</small> ID:Ywk23yqN0.net
魂っつーのが仮にあるとして、
そんなもんをわざわざリサイクルする理由はなんだ?
廃棄して新しいのを作った方が手っ取り早いだろう?
神的には。
128 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:an0XBtce0.net
この世界はオンゲと同じだから
新しくサインアップしたユーザーも入れば卒業するユーザーもいる
146 :名無しさん@涙目です。(愛知県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:E28tWzC80.net
輪廻転生って時間の概念ないんだろ
今俺と同じ魂もった生き物がいるのかもしれない
151 :名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ <small>[JP]</small> ID:Ywk23yqN0.net
>>146
つー事は、ここの書き込みは全て同一人物による可能性すらある訳だ。
160 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)@\(^o^)/ <small>[VN]</small> ID:QRL2rionO.net
幽霊ってのは仏教で言うと餓鬼道に落ちたということらしい
餓鬼道に転生したということ
161 :名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:0jpEWV1h0.net
地獄、餓鬼、畜生、修羅、人、天

なんだかぐるぐる回るらしいけど、天に上がれる人が少なくなったんじゃね
その分、畜生の数が減ったのかもなw人が動物食べまくるからww
167 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:yydCfd280.net
大本は一つの集合意識ですから
そこからはいくらでも枝分かれ出来るし
死んだら大本に帰るのです

よしこの手で行こう
209 :名無しさん@涙目です。(宮城県)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:FbH28ROj0.net
こういうの見ると宗教学やってる俺からすると馬鹿だなぁと
いいかい?これはそもそも人が自然へと還るという考えで生まれたものなんだよ
現代的に直すとね、死んで灰とか破片的な物になってその人の細胞とか遺伝子が自然に拡散していくという意味
そして、その自然から採れた物を食べてそして命が誕生することで生まれた生き物の一部になるという意味なの
215 :名無しさん@涙目です。(愛媛県)@\(^o^)/ <small>[SE]</small> ID:MbtF+SnE0.net
死んで生まれ変わるにせよ、今の家族と離れ離れになるんだろうな。
そう考えると、この人生大事にしようと思う。
早く離れ離れになりたいって考える人もいるんだろうけどね。
222 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:hJFDKQX/0.net
前世の記憶あるよ
バカにされるから人前では言わないけど。
ナガト村(川の近く)のジュウベイ
職業農家 死因腹痛 享年30ぐらい
ナガト村がどこにあるかも知らんし普通の人だし覚えていても全く意味がないっていうw
まあ生まれ変わりってか記憶は遺伝するんじゃね?
234 :名無しさん@涙目です。(埼玉県)@\(^o^)/ <small>[GB]</small> ID:hWOgvHcW0.net
>>222
長戸村とは、茨城県稲敷郡にかつて存在した村である。現在の茨城県龍ケ崎市の南東部に位置している。
243 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:hJFDKQX/0.net
>>234
ほえー。茨城県なんだー。
今度行ってみようかなー
226 :名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ <small>[JP]</small> ID:e12y3a0v0.net
みんな死ぬのは怖いから
輪廻転生とか天国とかヴァルハラとか救いを求めるからこその宗教

そこを否定したら都合悪くて発狂するのは当たり前
228 :名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ <small>[ZA]</small> ID:CAcLIwHK0.net
そこを否定したのが本来の仏教
輪廻転生がどうのってのは仏教が廃れつつあったインドで、
バラモン教を取り込むことで信者数を増やそうとしたナーランダ大学の連中が創作した物
251 :名無しさん@涙目です。(四国地方)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:Z6Jz1iaI0.net
宇宙人が相当数紛れ込んでいる
252 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ <small>[EG]</small> ID:ubzRM3Tt0.net
>>251
隕石の中に微細物がいるのがわかって地球の生命は宇宙から来た説が有力になったからな
286 :名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:GrwiRVxX0.net
そもそも最初の生物の魂がどこから来たって話になるじゃん
魂や輪廻転生があるとしたら全部が生まれ変わるものではなく新しくできるものもあると考えればいい
298 :名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:bffhNHOOO.net
>>286
理屈としては最初は全部一ヶ所にあって、全てはそこから始まるが細胞分裂みたいに個別に分離していく結果、他の場所には行けない制約が個々の個性になっていくと

だから、その原初の「暗黒の深淵」には超越した叡知がある筈で、そういうのが神様っていうニュアンスな訳だが問題は

それは人間じゃないんだよな…
290 :名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:VngHVxpO0.net
地球上で生物がいくら増えようが
宇宙規模でみりゃ誤差にも満たない範囲だろ
296 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[CA]</small> ID:4DcqfbaD0.net
それまで半信半疑だったが脳外科医のエベン・アレグザンダーの臨死体験がガチすぎてもうね
幽霊なんていない死後の世界なんて無いと言い張る奴はこれ見てから出直してこい
304 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:3BBe8LVf0.net
霊界の魂は地上の10倍ぐらいあって、なかには地獄で生まれ変われないで存在しているのもある。
地上に生れなければいけない訳ではない。
ヒンズー教も生まれ変わりを説くが、すぐ生まれるという宗教を信じた者は、すぐ生まれ変わってくるので
インドは人口が多い。
314 :名無しさん@涙目です。(福島県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:+SJ/GeGA0.net
そもそも自分って何者なんだろうか
330 :名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:ORcNOWXd0.net
魂が混ざり合った泉のような場所があるってブッタで読んだ
338 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[CN]</small> ID:7Y1XBwIn0.net
>>330
アカシックレコードみたいなやつかな
363 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:2qs6XSfP0.net
魂なんてないよ
植物が水や光に向かって根や葉を伸ばすように、人間は効率よく食物を手に入れようと動いてるだけ

もし虫や人間よりも上の段階の知能レベルの思考意思から見たら「人間も客観的に見ることのできない傲慢で謙虚な微生物」なんだろうね
383 :名無しさん@涙目です。(長野県)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:my898At/0.net
日本じゃお盆にご先祖様の霊がかえってくるんやで
あいつらいつ成仏するんだよ・・・
395 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[ヌコ]</small> ID:E++jQ+lz0.net
自分以外の人間に主観があるかどうかなんてわからないよね
415 :名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:C2KhPEy60.net
この自分という存在は何なのだろう

これが哲学の原点だもんな
451 :名無しさん@涙目です。(岡山県)@\(^o^)/ <small>[GE]</small> ID:BFId6zzc0.net
たしかキリスト教だと転生はイエスの奇跡だから一般人はしないんだよな
魂が輪廻するって仏教思想だけなんかな
452 :名無しさん@涙目です。(西日本)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:MULDYlqX0.net
>>451
ヒンドゥー教やジャイナ教でもある
大雑把に言えば古インドにおける普遍的な思想(サンサーラ)

輪廻においてアートマンを認めるかどうかで、またスタンスは違ってくる
466 :名無しさん@涙目です。(香港)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:fuh+bZ8G0.net
人が虫に転生したり虫が人に転生したりする。若いのに落ち着きのある人は人から人への転生で、DQNみたいのは虫から人への転生なんだと島田紳助が言っていた。複数回、人に転生している人は生まれながらに賢く、虫から人へ初回の転生の人は馬鹿だそうだ。
467 :名無しさん@涙目です。(香港)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:fuh+bZ8G0.net
世の中の殆どは馬鹿だから虫から人への転生だ。何回も人に転生出来る人は世の中を動かす地位にいくそうだ。だから徳を積んで来世も人に転生出来る様に正しく生きれば、その内世の中を動かす地位に転生出来るかもしれない。
476 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ <small>[IT]</small> ID:CF+UpQO50.net
>>467
竹中平蔵とか徳を積んできた人徳者なわけ?
世の中の政治家や地位の高い奴ら見ても地獄の悪鬼みたいなのばかりで正しく生きてるように思えないけど
521 :名無しさん@涙目です。(香港)@\(^o^)/ <small>[US]</small> ID:jCoI4zHI0.net
>>476 前々世や前世では頑張ったんだろな。現世では堕落したけどな。あの手の連中は来世は虫に転生するんだろな。
470 :名無しさん@涙目です。(愛知県)@\(^o^)/ <small>[CN]</small> ID:jk9hIY4b0.net
島田紳助いわく人生何周目というのがあるらしい

板東英二は人生2週目

芦田愛菜は人生30周目くらいだろう
513 :名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ <small>[ニダ]</small> ID:OT3UOB080.net
自分の前世は とか言ってるヤツほんとに気味悪い
520 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ <small>[NL]</small> ID:uiNuSJLm0.net
なんか以前この世の中は3次元じゃなくて2次元だとか言ってたよね
つまり全てデータとして存在している
つまり生物ですらデータとしてなりたっている
ということは生物のデータが保存してある部分に死んだら
上書き保存される可能性があるってことか
生まれ変わりとはつまり上書きされるってことかな

a15channel
2017年05月17日21:23
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
ツチノコwwwwwwwwwwwwwwwww
2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:YyCcS/2hM.net
水龍とかいるやろ
3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:mhKVe7xod.net
日本昔話のやつ
4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:FolcoyIZa.net
蛇でええならヤマタノオロチおるやん
6 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:E8dRjgyAa.net
龍自体中国からやってきたもんですし…
日本のは3本爪の廉価版や
8 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
世界のドラゴン:ウガリットはリタン ヒッタイトはイルルヤンカシュ 日本

ツチノコwwwwwwwwwwwww
9 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
世界のドラゴン:ギリシアはテューポーン アステカはケツァルコアトル 日本

ツチノコwwwwwwwwwwwwwwwww
44 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:q9YvSaFua.net
>>9
空飛ぶ蛇ケツァルコアトルがいけるなら、ヤマタノオロチいけるな
10 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:27BFbA540.net
ヨルムンガンドってただの蛇ちゃうの?竜要素ある?
194 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:jwgPvNtIr.net
>>10
ニーズヘッグと間違えたんやろ







12 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:OPvLgkdSM.net
蛟って蛇なん?龍なん?
13 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
まぁ普通にヤマタノオロチやぞ

たまに蛇とドラゴンを別物にしようとするガイジおるけどガイジやぞ
そもそもドラゴンの語源ギリシア語のドラコーンは蛇を指す言葉やぞ
43 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:BAzNG3jXd.net
>>13
急に方針変えるのやめろ
310 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:95Rez6XF0.net
>>43
14 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:mwjtX1gu0.net
蛇でいいならたくさん出てくるやろ
うわばみとか
16 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:mCQ2tyfra.net
すまんバハムート知らん雑魚?
21 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:OPvLgkdSM.net
>>16
大魚やんけ
18 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:KJ1LaF4dd.net
日本にはシェンロンがいるから
19 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:3ozcEArBM.net
キングギドラがおるやろ
20 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
ちな龍はどっちかって言うとワニ
28 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:IV+hFNt00.net
日本といったらブルーアイズホワイトドラゴンだろ
36 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zrh8MGFkr.net
九頭竜
38 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:mwjtX1gu0.net
昔話によく巨大な蛇でてくるけどおったんやろか
それとも普通に山賊か
51 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:M4TIXefg0.net
>>38
水がらみの話は旱魃や水害の擬人化やろ
山で旅人が襲われるのは賊やろな
171 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>51
でもヤマタノオロチは出てくるの剣やんけ
178 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>171
冶金の技術が伝わった感じのメタファーやぞ
206 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nNr.net
>>178
オロチが氾濫する川の喩えで鍛冶には水が必要だったってことやろな
鍛冶を行うと森林を伐採せにゃならんから余計に水害を被る
70 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:fjlN/ZkjM.net
リヴァイアサンはどこの国のもんなんや?
78 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>70
聖書が元やなかった?
ベヒモスとセットで
101 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:XRd25Isp0.net
>>78
ベヒモスとセットというか同一なのはバハムートじゃなかったか
108 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>101
世界がヤバイときにリヴァイアサンとベヒモスが戦ってその死体が人類の食糧になるとかやったろ
85 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>70
イスラエル もっというとレヴァント(地中海沿岸)のカナン
77 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:nAyiKWtL0.net
日本人「ゴジラ」
84 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:OPvLgkdSM.net
>>77
ゴジラって一応龍のカテゴリーなんか?考えたことなかったけど
91 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:NstpiOZHM.net
>>84
放射線浴びたトカゲの化け物やからな
馬鹿でかい爬虫類は十中八九ドラゴンや
80 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
西洋のドラゴンと東洋の龍を区別したがる奴が多すぎるわ
そもそもだいたいの蛇神・龍神の起源は川の氾濫や海の渦だから
329 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>80
東洋の龍(しぇんろんみたいな)のルーツはコウモリの群れだぞ
86 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:D/80LWuS0.net
日本が誇る最強のパズル&ドラゴン知らずか?
87 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:pw4DxHS40.net
アダムとイブでも蛇がそそのかすわけで
その延長がドラゴンだとすると、あながちただの中2病ではなくて古来蛇には何らかの神性があったんやろな
110 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>87
「旧約聖書成立よりずっと前」のアッカド神話『ギルガメシュ叙事詩』の時点で
狡猾な蛇がギルガメシュを騙すみたいなエピソードもあるし
エジプト神話ではラー最大の敵が混沌の蛇アペプやしな







195 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:pw4DxHS40.net
>>110
大抵は人と仇なす側+知識の対象なのが興味深いと思うんだよな
いやまあ蛇好きな人間て総数でいえばそう多くはないけども
爬虫類が恐竜の直系の生き残りというには現代じゃ微妙なとこあるとはいえ
遥かな昔、恐竜に捕食されてた哺乳類としての根源的な恐怖があったからなのかねえ
305 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:7fXeqynYd.net
>>195
おもろい考察やな
いまだと血清があるけどない時代は蛇で死に至るケースがあったりで直接的な害があったりとかもあるかも
95 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
ユダヤ教のルーツであるカナンの信仰と同系列のウガリット神話には
リヴァイアサンの原型であるリタン(ロタン)って言う水龍が登場するんやで
111 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zCM0berLp.net
今日日のドラゴンのイメージって十字軍が遠征先にいたワニぶっ殺して頭持ち帰ったのをドラゴンやでドラゴン退治したんやでってそれを見た奴らがなんやこの頭…ドラゴンやわって作られたんやろ
116 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:S7o11ndtE.net
ここまで九頭竜無し
まああれ伝承だと鬼と記載されとるけど
117 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a2N4zydqp.net
正直ヘビよりワニのほうがドラゴンに似てないか
128 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>117
中華圏の【龍】に関しては元々はワニを指してた言葉が語源っぽいで
141 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a2N4zydqp.net
>>128
ならワニやん!
157 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>141
インドから入ってきた蛇の姿をした神「ナーガ」は竜神って訳されとるし
八大竜王やな
120 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
バハムートはベヒーモスのアラブ読みやで
元々旧約聖書時点では巨大な地の水獣、まぁカバのことだったんやけど
イスラムに移行する内に対のリヴァイアサンと混ざって巨大な水魚になったんや
132 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:8+xTv/K7d.net
>>120
またなんJで無駄知識を蓄えてしまった
188 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>120
ヘビってエジプトでも王様攫っていったりやりたい放題やなあいつ
207 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>188
蛇はどこにでもおるからなぁ
蛇があって川があるような土地じゃ蛇も川の氾濫もまず脅威の対象やし
農耕で治水・灌漑が発達すると豊穣神が水龍神を倒すお話が増えるんやな
225 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>207
すまん間違えたカバや
古いファラオがカバに連れ去られる話があった気がする
239 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>225
あぁそんなファラオおったな
あとエジプトで気をつけたいのはワニやな
270 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>239
でもワニってエジプトだと神様になってへんか
古代エジプト人が食ってたりしたんやろか
279 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:WZK18zEgd.net
>>270
セベクっていうワニ頭の神がおるぞ
308 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>279
それやなワニ頭やからかっこいい奴
>>288
精力=雄々しさとか力強さなんやろか
125 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:V2KkDzFI0.net
イッチ無駄にドラゴン知識豊富で草
131 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
ティアマットってどこ出典やったっけ
146 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>131
ティアマトはアッカド神話や マルドゥクに倒され死体が世界を形成したなんて神話になっとるな

でもアレ本当は別にドラゴンの姿してるはずじゃなかったんだけど
139 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SXEsPC2ur.net
サラマンダー
アイスドラゴン
サンダーホーク
モルテン
ツインヘッド
ムニムニ

ヴァリトラ
リヴァイアサン
ガルーダ
ヒューベリオン
ユルムンガンド
バハムート
アレキサンダー
151 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:h3U4Am6q0.net
九頭龍とヤマタノオロチって被り過ぎだよな
160 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>151
九頭竜はよく知らんが多分元々の説話のルーツが同じなんじゃないか
172 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
あとワイバーンを二足歩行のドラゴンに使ってる創作物多いけど
ワイバーン・ワーム・ヴルムは語源一緒やで
174 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nNr.net
土蜘蛛とかの類いなら興味ある
182 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>174
あれは朝廷が蝦夷をそう呼んでただけやろ
222 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nNr.net
>>182
ギリシャローマあたりで従わなかった部族の神を妖怪怪物の類いにして神話に取り込む、そういうこともあるんじゃないかねぇ
175 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:JwiGIuq0d.net
バジリスクとかいうトカゲなのか鶏なのかわからん生物
183 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>175
コカトリスみたいなもんやな
個人的にはバジリスクが蛇側でコカトリスが鳥側を指すと解釈してるで
193 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
んじゃあヤマタノオロチの話終わったし次アマツミカボシの話でもするか?
198 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:uqvW7pUDa.net
>>193
ジャパニーズルシファー定期
204 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:M4TIXefg0.net
>>193
太陽神アマテラスに対する
金星の神か
茨城の大甕と関係あるらしいな
201 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AhzyF1dsd.net
ヤマタノオロチって大洪水のことやんな?
203 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:HSwbarFO0.net
鬼や天狗って白人がモチーフ?
212 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>203
天狗はただの破戒僧やぞ
209 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:npvA85u10.net
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fa/Ouroboros.png/220px-Ouroboros.png

ウロボロスのセルフフェラみたいなフォルムすこ
221 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Qfr3RQt/a.net
>>209
輪が小さくなるだけやろっていっつも突っ込みたくなる
238 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:dsFfxN+6d.net
>>221
食べる速度と同じ勢いで細胞分裂してるんやろ(適当)
234 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AhzyF1dsd.net
昔は理解しがたい蛮族やら天災を怪物や化け物に例えてたんやろなぁ
236 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:FrHb1f6L0.net
ウェールズの国旗ってなんでドラゴンなんや
249 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:WZK18zEgd.net
>>236
アーサー王伝説とかその辺が色々絡んどるで
258 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>236
なんか神話やろ 赤い龍みたいな話があったようななかったような
多分アーサー王のペンドラゴンなんかと関係あるんやろ忘れたけど

ただいわゆるケルト神話にめぼしい龍はおらんかった気がするからローマの影響やろか
263 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:k+I5Bx60M.net
蛇は脱皮するっていう特異性もかるから神性を持ちやすい
って説はよく聞くな
269 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
ギルガメシュ叙事詩はラスト「ギルガメシュが食べるはずだった命の草を盗んだからヘビは脱皮して再生する」みたいな感じや
272 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:6W70i2NZ0.net
トールは?
288 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>270
セベクか まぁ脅威=凄いやし ただオシリスの神話でxxx見つけたぐらいの活躍しかしとらんマイナーな地方神やで

>>272
なんでヨルムンガンドのライバルの名前をドラゴンにつけるのかこれがわからない
281 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:cqNWQNp+0.net
日本昔ばなしの龍って名前とか元ネタあるんか?
291 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>281
日本昔話のOPのあれは竜の子太郎やで
298 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:b3mTfJdUa.net
>>291
あれ目が見えないマッマて知っとる奴おらんのやろな
331 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a2N4zydqp.net
>>298
イワナ食った罰かなんかやろ
龍になるのにお手軽すぎやろ
336 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>331
日本ではよくあるな
イケメンの坊さん追っかけ取ったらいつの間にか竜に転身してた娘とか
306 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:atkRKkPL0.net
蛇は脱皮するから聖獣扱いされて、よく神様になってる
で怪物になると、竜やドラゴンになり、英雄によって倒される(例:ペルセウスなど
307 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nNr.net
日本で言えば、富士山やらの三角形の山とヘビがとぐろを巻いてる姿を重ねて、ヘビが神格化されたって説もあるな
316 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:7fXeqynYd.net
>>307
本州のヘビ、アオダイショウとかは毒ないし臆病だしで、全然害ないしな
海外のは毒あったりでかかったり大変
321 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:RCau1Mb2a.net
>>307
奈良の三輪山の御神体もヘビって日本書紀に書いてあるしな
317 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:fjlN/ZkjM.net
伝説の馬

ギリシャ→ペガサス
北欧→スレイプニル
インド→ユニコーン
中国→麒麟
日本→ディープインパクト
328 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:HSwbarFO0.net
>>317
松風
338 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:WgWUucmsd.net
FFのおかげで竜へと昇華したバハムート
ベヒモスさんは未だに地面這いつくばってるんだから語感って大事よな
341 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>338
なお全く注目されないジズ
344 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>341
ジズはヘブライ語のユダヤでしかわからんネタやからな
キリストやイスラムでマイナーだからメジャーになれん
359 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>344
お前鳥もいけたんか…
363 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>359
一番好きなのはウガリット神話やぞ
369 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:TNWhwPNYd.net
>>363
アナトとモートしか知らへんわ
382 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>369
リヴァイアサンの源流のリタンくん、その親玉と言うか同一の水神
ヤムくん(ナハルくん)は知らんか メガテンにいるみたいな話は聞いたで
439 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>369
元神話じゃ地味な上に旦那と共に悪魔化されて男になったアスタルトとかいう奴
美味そうな名前しとるのに
446 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>439
言うて旧約聖書内じゃ普通に異教の女神言われとるのにな
キリスト教さんなんでアスタルトちゃん男化するんや
463 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:0VNWdNCqd.net
>>446
アスタロトってメソポタミアのイシュタル、ギリシャのアフロディーテと同じなんやろ
ようわからん
474 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>463
アプロディテの海から生じたって神話自体が「レヴァントから貿易しにきたフェニキア人の信仰」のメタファーとも言われとるな
372 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:VOw6GLbq0.net
蛇が知性を授けたからエデンを追い出された…?
知性って悪いもんじゃないやろ、なんであかんのや…

もしかして神様は偽の神様で蛇が本物の神様じゃないんか?
385 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>372
サンキューグノーシス
373 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
青龍:ゴジラ 
白虎:モスラ
麒麟(黄竜):キングギドラ
玄武:ガメラ
朱雀:ギャオス(イリス)

完璧やな
376 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:5ywmBG1wd.net
九頭龍=クトゥルフ説すき
386 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:k+I5Bx60M.net
比較神話学とか神話類型とかを勉強したり調べたりすんのはなかなか面白いで
なんかの役に立つのかと言われるとなんの役にもたたんが
395 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nNr.net
>>386
なんかお薦めの本教えて
先生の名前でもええわ
404 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:k+I5Bx60M.net
>>395
吉田厚彦とか神話とかとは違うけどエドガーの金枝篇とか
391 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:fjlN/ZkjM.net
クトゥルフにはドラゴンおらんのやな
398 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>391
根本の創始者ラブクラフトさんの海洋生物嫌いが基本やし
九頭竜をクトゥルフと同一視するネタとかはあるけど
412 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:MVY8vcJqd.net
中国の龍は実在した説ロマン溢れててすき
干支であいつだけ幻獣なの違和感あるし
418 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:9k+nH4XU0.net
なんでかわからんけど昔からヘビだけは苦手やわ
苦手な人間多いから世界各地の神話に出てくるんやろ
425 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>418
人間って基本蛇か蜘蛛が苦手らしいからな
435 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ZWBB1NZSd.net
>>425
毒がある生き物に対する本能かもな
440 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>435
見た目もあるかもな
脚と目がやたら多い虫の手足が全くないのに動けてる生き物とか
470 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>425
猿の頃に散々苦しめられたからちゃうか?
これ言ってばっかやけど
493 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>470
なるほどなぁ
419 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
まぁ西欧での蛇はアスクレピオスの杖で「医療・再生の象徴」でもあるから
生と治癒の天使ラファエルと死と毒の天使サマエルが同じ蛇と結び付けられるって面白いことやで
428 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>419
アスクレピオスってメドゥーサの血で臨床実験行った奴だっけか?
433 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>428
せや、アポロンの子やね
437 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>433
なんやかんやでギリシャ神話の有名どころってどこかしらで繋がってるよな
444 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>437
まぁ西欧文化の大概はギリシアかヘブライ由来やし
426 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
小型哺乳類だった時代の本能だとかあるけど
赤子は他人が蛇を怖がっているのを見ると蛇を怖がるようになるみたいな話もあったようななかったような
445 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a2N4zydqp.net
伝説の大昆虫っておらんのか
だいたい使役される存在やん
449 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Z2X+5Tjg0.net
>>445
スカラベくらいやな
452 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>445
昆虫は脅威じゃないし……ケプリの話するか?
虫、節足動物まで広げればオオムカデさんとかおるやろ
454 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:0piOAUaWx.net
>>445
東洋だったかどっかで蜘蛛のトリックスターがおったはずや
458 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:e2ZTysFV0.net
>>445
イナゴの王さん
は別に本人は昆虫ちゃうか
467 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:qEG1J57S0.net
>>445
蝿モチーフの悪魔王さんがおるやん
469 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:F15NK8JiM.net
>>445
藤原藤太に退治された大百足は?
475 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>445
坂田金時と戦った大蜘蛛とか
あと土蜘蛛とか
455 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EXxn14nN0.net
日本の神話ってショボイよな
482 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>455
他が壮大すぎるだけやろ
インドとかなんやあれ
501 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:VOw6GLbq0.net
>>482
日本神話も壮大な部分はほぼインドのパクリやしな
ヴェーダや密教経典(不空羂索神変真言経とか)読むとまんまやんけと思うところが多々
508 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:kxa2Setgd.net
>>501
まあ神話ってどこも他の神話と混ざりまくってるからな
511 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UwUgj2WJd.net
>>501
日本じたい村単位の小さい神話ばっかやっただけやと思うけどな
いろいろありすぎるから結局外国と交流持った後の奴がスタンダードになったとか
464 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
エジプトのケプリ神はスカラベ(フンコロガシ)の太陽神
ビジュアルはググってくれれば
487 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:4NsEq8VVa.net
>>464
太陽を転がすとかいう壮大さすき
後ビジュアルまんますぎやろもうちょいひねらんと
エロ番組のモザイクみたいになってるやんけ
495 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
>>487
当時のエジプト人が昆虫の体のパーツがどこに対応するのかわかってなかったってことやな
昔は虫なんて「無から湧き出る」なんて思われたんや

太陽(糞)から自分自身を創造するケプリ神は再生の象徴や!
471 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a2N4zydqp.net
虫さん結構おるんやな
サンガツ
485 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:ELv+AzRa0.net
インドは単純に紀元前からずーっと同じ系統の信仰続けてるからな
あとインド数学があるから数値の上で発達インフレする
515 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:0/C7gyZld.net
なんやこの神話に自信ニキ

a15channel
2017年04月11日20:18
1 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
名前も見た目も
2 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
「かっこいいほとけ」って本知ってる?
3 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>2
今知ったぜ
6 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
白人文化へのコンプレックスじゃね?
9 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
>>6
でもギリシャ神話って白人文化じゃなくね?
17 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
>>9
ヘレニズムで導入されめ西欧世界で「ワシが育てた」的な取り扱いされてんじゃね?
8 :名無しさん@おーぷん ID:bay
じゃあキリスト教はスタイリッシュかっていう
11 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
>>8
中世暗黒期の純粋なキリスト美術って技術の衰退もあってダサいよな
ルネサンス期のほうがかっこいい
12 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>8
ヤハウェとキリストさんは余計に設定として使い辛そう
10 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
むしろスタイリッシュな神ってなんだ







13 :名無しさん@おーぷん ID:hBb

適当に一枚画像
やはり微妙
18 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
>>13
昔のやつそのままやからダサいんやで
西欧の神でもかっこいいのは最近のリファインされたやつやし
中世美術は普通に芋臭いぞ
22 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>18
あーやっぱそうなんだ
あまり下手なこと言わん方がええな
19 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>13
でもこれは綺麗じゃない?
象牙かな
15 :名無しさん@おーぷん ID:bay
でも運慶快慶の仏像ってかっこよくない?
スタイリッシュとは違うかもしれんが
20 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>15
力強さは良いと思う
24 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
美化しても何故かガチムチ系イメージが強いなぁ
25 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
>>24
ミケランジェロ「ん?」
27 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
>>25
筋肉好きすぎて同期の画家に批判されまくるやつやんw
26 :名無しさん@おーぷん ID:bay
ここでビザンチン美術の検索結果を



28 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
>>26
やっぱ東ローマって神だわ
29 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>26
三枚目好き
31 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>26
自分であげといてなんだがリアルよりも様式化が求められてる感じやね
30 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
ミケランジェロの絵は筋肉の付き方が全キャラ同じで個性がわからんって言われてるよな
男と女が同じ体型やし
35 :名無しさん@おーぷん ID:hBb

チベット系になるとまた違った大物感が
36 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
アブラハムの宗教は今はともかく昔は肉体美を否定しとるからビザンチン美術も平面的になりよるね
仏教と違ってなよっちく見えるのもそのせいやろか
39 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>36
わかりやすいってのもあると思う
元々の布教のための側面もある
38 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
40 :名無しさん@おーぷん ID:6Rq
曼荼羅見てみ?ちびるで
41 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>40
カーラチャクラマンダラは引き込まれる
42 :名無しさん@おーぷん ID:6Rq
43 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
>>42
ふつくしい
44 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>42
アンパンマンぐらいキャラクターいそう
45 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw
これの8:35あたりから聞いてみ?
お経が如何にカッコイイかがわかる
46 :名無しさん@おーぷん ID:hBb

スタイリッシュさって無い方が普通なのかな
49 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>46
スタイリッシュの定義によると思うわ
昔の人のスタイリッシュと今のスタイリッシュは違うと思う
53 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
>>49
昔のギリシャや中国や日本の建築物とか原色ばかりでかなりケバケバしかったんやってな
今の感性からするとださくも見えるが当時はそれがよかったんやろなぁ
58 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>53
ギリシャ彫刻がカラフルってのはあまり知られてへんよな
大英博物館ではイメージ維持のために色を落としていたこともあったらしい
48 :名無しさん@おーぷん ID:4Ya
仏像の炎の装飾すこ
50 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
ちな最後の審判
51 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>50
1人の人間がなしうる最大の偉業やなぁ
52 :名無しさん@おーぷん ID:hBb

チベット仏教系は戦闘モード過ぎますね
56 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>52
かっこいい
55 :名無しさん@おーぷん ID:6Rq
はい来迎図
57 :名無しさん@おーぷん ID:hBb
>>55
レア度高そう
63 :名無しさん@おーぷん ID:Mlw

65 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>63
ヤマトタケルって特撮を思い出した
66 :名無しさん@おーぷん ID:qCX
ガンダーラ美術すこ
67 :名無しさん@おーぷん ID:l8N
どうでもいいけど道教とか儒教って美術方面には寄与しなかったよな
68 :名無しさん@おーぷん ID:6ri
>>67
日光東照宮「えぇ…」
70 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
>>68
あれって何教の建築物に分類されるんや
72 :名無しさん@おーぷん ID:6ri
>>70
神道やが儒教(易経)の影響が大きい
73 :名無しさん@おーぷん ID:0cg
>>72
儒教や道教よう知らんのやが易経って道教ちゃうんか?
74 :名無しさん@おーぷん ID:6ri
>>73
両方やで
日本においては儒教の文脈が強い
76 :名無しさん@おーぷん ID:tGH
ワイの推しメン
77 :名無しさん@おーぷん ID:bay
>>76
インド?
78 :名無しさん@おーぷん ID:tGH
>>77
せやね
シヴァ神やで
79 :名無しさん@おーぷん ID:8Y4
退治した悪魔の上で踊るシヴァ神見るたびに
奥さんに似たようなことされた鬱憤やろなあと思ってまう
80 :名無しさん@おーぷん ID:tGH
>>79

シヴァ神かわいそう

a15channel