[ 神話 ]

2017年08月15日14:11
1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
変化に対応するのが何万年何千万年もかかるとか遅すぎない?
人間にいたってはたかたが夏冬の20度程度の温度変化にもついていけてないよね
それくらいの調節がこの数億年で出来ててもおかしくないのに未だ生物は脆弱性すぎるでしょ
これは神が創造主を崇める為に残した生物の限界だよ
4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:/JeBoA6A0.net
ID論は?
5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>4
はい論点のすり替え論破
6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:+VR1fGtN0.net
十年二十年単位で変化する方がヤバくね?
10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>6
数億年の間に二三世代で対応しないってのもやばいでしょ
8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:pJtEl+cad.net
退化は状況に合わせた進化か否か
11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>8
進化が及ぼす時間的な問題とその効果の問題
9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:LsKpnsBW0.net
七日で世界創るとかwwwwwwwwww
12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>9
理論物理学の範囲を絶対に出ないビッグバンから宇宙の成り立ち考える香具師www
15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
本当に進化が生物を環境に適応させるならこの遅さはなにさ







17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hmt0/67Qa.net
突然変異
22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>17
はい神の意思
18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
むしろ適応できて無さすぎるのはなにかというね
21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:/JeBoA6A0.net
ID論も知らないで進化論否定してるの?
28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>21
はい代替論
25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:cfn0ZXtDr.net
進化を対応と考えてるならちょっと違うぞ
環境圧の結果生じた変化だからな
29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>25
はい論点のすり替え
数億年の圧に晒されて生物が環境への変化に洗練されてない答えになってない
30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:LsKpnsBW0.net
進化は化石とか物理的な証拠があるけど
神にそんなん無いじゃん
34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>30
はいただの似た生物
40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:LsKpnsBW0.net
>>34
おうどうした論破できてねーぞwwwww
32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:HLcrVbc00.net
クリスチャンだが進化論は正しい

なぜなら神は歴史を捏造なさらないから
36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>32
はい歴史と進化論は関係ない
42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:HLcrVbc00.net
>>36

もう一度真摯に聖書よめ
53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>42
はい異端
33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hmt0/67Qa.net
人間の場合は進化というより脳の病気が悪化した感じ
39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>33
はい意味不明
78 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hmt0/67Qa.net
>>39
人間は妄想が酷いチンパンジーだという意味だ
35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:WvwtM5iw0.net
人間含め生き物はだれが作ったの?
41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>35
55 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:WvwtM5iw0.net
>>41
まじか
不良品量産しまくりじゃん
37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:d34ba54h0.net
人間は北極圏から赤道直下までいるけどどうして適応できてないと思ったのかな
43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>37
最早馬鹿過ぎて言葉を失う
50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:d34ba54h0.net
>>43
あれあれ?反論なしですか?wwwwwww
38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
確かに突然変異が生き残るって説はスピード遅すぎるとは思う
遺伝子的に進化の方向性を決めてるんじゃないかって思ってしまう
46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>38
はい筋道立って考えられる人
48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:v/+eJM+p0.net
人間は服や住居や火を開発することで20度の温度差に適応してるんだが
56 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:OFOINO5aa.net
インテリジェントデザイン論じゃん
58 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>56
まぁわたくしはIDよりももっと原理的にありえないと思ってる派閥ですけどね
57 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:HLcrVbc00.net
むしろ>>1のようにキリスト教徒を名乗りながら妄想を書く行為は

異端という最低の行為なんだがね
62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:2xFKaTaeM.net
>>57
マジでこれ







66 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>62
でもそれカトリックの概念じゃね?
69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:2xFKaTaeM.net
>>66
まず偶像崇拝してるカトリックが異端
72 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:tZkBQHQd0.net
>>69
カトリックは偶像崇拝してないぞ
76 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>72
イエス像、マリア像
77 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:2xFKaTaeM.net
>>72
十字架やイコンを拝み、あげくマリアや天使まで崇拝する異端だぞ
63 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:vVkJ0F1l0.net
スパゲッティーモンスター神を否定することもできないくせに
64 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VJlzDdcmK.net
真摯に聖書を読むと最後の審判の合格者は地獄に住むことになる
68 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
人間が文明を享受して環境への適応や歴史の記述をしてることを
進化論に含めてることがいることに神の存在を感じる
進化論では温度変化にすら対応させてくれないが人間を創ってくれた神はここまでを与えたもうた
73 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:O03dk60O0.net
進化論ってダーウィンの?
あれはそもそも間違ってるんじゃない?

でも種の変化は世代交代の早い生物では数世代でおこってるから。
79 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:4m6Qj+Oid.net
やっぱ進化論認めたローマ法王は異端として処刑されるべきなの?
83 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>79
ローマ法王ってたかが人間だからね
わかりやすい象徴であって神から選ばれた人というわけではないから
80 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
何億年も生物は塵芥のように消える存在だった
それは神がその時につくったからだ
人間は神の寵愛を受けてつくられた
84 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hmt0/67Qa.net
>>80
お前論破というか爆笑させようとしてるだろ
88 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:H/pJuiNf0.net
要は説明つかないから神様がやったんですぅって言いたいんでしょ
論でもなんでもない
89 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>88
未知の領域をすべて神にゆだねていた時の名残みたいなもんじゃないの?
97 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
逆に聞くけど進化論を用いている人達は
数億年の間に生物が変化への対応に洗練されてないことをどう思ってるの?
104 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>97
どういうこと?
変化への対応に洗練されてる種と
変化できなかったけど環境が偶然適合して生き残ってる種にわかれるんじゃないの?
112 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>104
はい屁理屈
地球の環境はその時々で激変してそれが長期間に及ぶこともあり
今の種はそれら数億年の歴史の生き残りだというのに
あまりに脆弱なのは説明つかないのではないかと申し上げてる
121 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>112
いやあまりに脆弱って何をもってそう思うの?
生き残ってる時点でそうじゃないって普通思うよね?
127 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>121
はい進化論の説明になってない
それなら神がその時々で創造したという理論でも通用できる話
129 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>127
そもそも進化論を何だと思ってるの?
単なる生存バイアスのことだよ?
134 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>127
進化論の説明になってるだろ突然変異が生き残ったから今があるってのが進化論だし
神が創造したって理論でも通用するよ確かに、でもその前に神の存在を証明するのが先じゃんか
131 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
>>97
生物は一つの特定の環境(寒い地域とか乾いた地域とか)に適していれば別に問題ない
なぜかというと、あらゆる環境変化に対応できるようにするには物凄く複雑な生命システムをもつ必要がある
そのような複雑な生命システムは維持に物凄いエネルギーコストがかかる
よって多少環境の変化に弱くても特定の環境だけに適応する方が生存上有利になる
140 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>131
そのコストってなに
具体的にどうぞ
166 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
>>140
複雑な機能をもつためにはエサが大量に必要
しかし実際にはエサの量は限られてるよねって話
100 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:25Yyj/Nid.net
聖書だと神って鳥と海生生物を先に創造してるけど陸生恐竜が遺伝子分類学的に鳥の祖先ってのと矛盾してね?
キリスト教だとどう辻褄あわせてるの?
109 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:A7l3P45Zr.net
そもそも十字架はヒッタイト神話のヘケトつまりギリシア神話の女神ヘカテーの象徴だぞ
136 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:yhsbuyY00.net
>>109
…は?
357 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りしbワす ID:SknROjQH0.net
>>109
これガチなんだよな
ほんと聖書から風習まで何もかもがパクりだよキリスト教は
恥ずかしくないんすかね

古代ギリシア・ローマの世界では、十字路はへカテ・トレビアに捧げられた。
このへカテーは三相一体の女神ディアーナの老婆の相を表す者であり、「十字路の神々」Lares compitalesの母親であった。
旅人たちはヘカテーの三相の像に供物をそなえた。Compitaliaと言われた祭典は定期的に行われ、道端にあったヘカテーの神殿で催された。

4つの道が交叉する四つ辻は、ときには、ヘルメースHermesに捧げられた。
そして、その四つ辻のそばには男根柱像hermsが立っていた。
のちには、それに代わって、キリスト教徒たちが十字架を道端に立てた。
しかし、このキリスト教の十字架のしるしは、ヘルメース崇拝をまねたものであり、
ヘルメース信者が頭や胸にヘルメースの聖なる数字4をつりていた故事によったものであった。

ヘルメースの十字標は、 10世紀のアイルランドでは、まだ十字路に残っていた。
その十字標は、異教の神ヘルメースのもう1つのしるしである「ヘビの杖」の2匹のヘビであることがはっきりとしていたけれども、
何の疑いもなくキリスト教のシンボルであるとされていた。
十字架、ヘルメース柱像、ヘルメースの杖が、北欧のシンボリズムに、オーディンの絞首台の木とともに、吸収された。

このことが反映して、キリスト教でも、十字路に十字架のみならず絞首台を立てる習慣を持つようになった。
絞首台に掛げられた神は、昔は、十字架に掛けられたイエスと同じ役割を果たしたのであった。
生贄として死んでいく神の像があったために、十字路は神聖なものとなった。
113 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:e1dWAObf0.net
キリスト教が正しいならキリスト知らないだけで何億人もの人が
救われないことになるよね、それっておかしくねぇ?
119 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:FGec6Ukor.net
137 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
現時点で地球上で生存できている以上脆弱ではない
もちろん人間もね
141 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>137
だよな生き残ってるのがその証明であり基準でもあるからな
生き残ってる奴が脆弱だって思うのはそいつの主観でしかないし
139 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:7rE/oa1s0.net
痔とかギックリ腰とか眼の盲点とか、あきらかな人の構造上の欠点を
わざわざ作らないでよ神様
146 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>139
そういうのはすべて「神の意志は人間には理解できない」に投げちゃうからな
人間に理解できない神が何を企んでるのかもわからんのによう従おうって思うな
142 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:CkdNQcSP0.net
一部のキリスト教徒ってバカだから進化論唱えた教師を訴えて牢屋にぶち込んだ州があるくらいだからな頭おかしいわ

イスラム過激派と同じ思考
144 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:XyPns5yXa.net
じゃあ何で俺たちには尾てい骨があるの?
145 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:P3XmB9/d0.net
人間に関しては進化論で語るのは間違い。

猿と宇宙人のDNAを掛け合わせて人間が作られた。

>>1に賛成する。
148 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
洗練されないのは何故?という一文に答えてみてよ
156 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>148
洗練って何?
168 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>156
ある程度の環境に生物的に適応できる能力
例えばたった20度前後の環境の変化にも文明の利器を使わずとも苦もなく過ごせる能力
177 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>168
は?
文明の利器を使えば苦もなくすごせるんだから、ちゃんと適応してるだろうが
179 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:Z632NyM30.net
>>177
ほんとそれ、人間は動画作りに特化した
182 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>177
普通この数億年で全生物が適応できて然るべきだよね
188 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>182
そもそも進化論ってそういう理論じゃないんだけどな
189 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>188
都合の良い部分だけ取ってる感を認識しないと頭が良いとは言えないよ
194 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
>>182
都合の悪いレスは無視かい
あらゆる環境変化に適応するなんてエネルギーの無駄遣い
生物はそんなアホな生存戦略をたらない
198 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>194
それが何故エネルギーの無駄遣いになるの?
211 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
>>198
頭の悪い奴だなあ
すべての環境に適応するために冷房も暖房も除湿器も加湿器も全部揃えるなんて無駄なことを生物はしないの
今いる環境に適応する仕組みさえあればそれで充分なの
217 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>211
いやいや無駄じゃないでしょ
何故無駄なのか
その説明が空想を出ないよね
227 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:hFuwjxAL0.net
>>217
「俺はどこに行っても快適に過ごしたいので暖房も冷房も除湿器も加湿器も全部持ち歩いています!これが一番効率の良い生き方です!」

お前が言ってるのはこういうこと
230 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>227
さらに唐突な火山噴火に備えたシェルターと、近距離での超新星爆発に備えた放射線防護服も忘れるなよ
149 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
まあ、>>1を論破するのは簡単なんだけどな

な ん で 神 は 人 間 を 不 完 全 に 作 っ た の ?
153 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>149
原罪を負ったのがここにいる人間だから
160 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>153
何故、現在を背負わなければならないような不完全な存在に作ったの?
171 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:2xFKaTaeM.net
狂人イエスの妄言をこじつけた本がこんなに売れるなんてパウロも喜んでいるだろう
174 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>171
イエスって狂人か?
都合よく解釈していった結果わけわからん人物になっただけで
当人はいたって真っ当な人間じゃないの?
180 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:2xFKaTaeM.net
>>174
ニーチェ曰く
でもニーチェも狂ってしまったから仕方ないね
176 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:1S8jsmpY0.net
ゴキブリを例に出すと
あいつらゴキブリホイホイや殺虫剤が普及したせいで
脚の力が強いゴキブリやら毒に強いゴキブリやら生まれてるし
サイクルの早い虫は数年単位でも進化してんだよな
178 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
今の生物って少しでも環境が変わるとストレスやら根本的な耐久性のなさからすぐ死ぬけど
数十億年進化してきたと主張する人はそれが正常なものだと言い切れるの?
196 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:551sgka/0.net
>>178
既出かもしれないが足の小指の関節が一つになってる人は使わないからって言うよなあと人間の体毛が無いのとか
単に動物が進化ってか変化するスピードより外界の変化の方が早い方が多いから対応しきれないとかなんじゃないか?
207 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
何故洗練されないかの理由はまだ出てない
コストとかエネルギーの無駄とか想像だけで語ってる人はいるけど
215 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>207
数億年程度でお前の言うような完璧な生物システムは作れなかったから

ってだけだろ
223 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
>>215
それならまだ筋道立ってる説明だよね
でもそれは神の存在にも言えるよね
225 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>223
神なら最初から完璧なのを作るだろ
229 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:tZkBQHQd0.net
>>225
そう人間のお前が考えてるにすぎない
全知全能の神なんて人間と離れすぎてるから人間の俺らがどう考えようが神の考える事なんてわかるわけない
232 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>229
その主張をした時点で、神は信仰すべき存在ではなくなるわけだけどな
239 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:tZkBQHQd0.net
>>232
信仰すべきかどうかは人間一人一人が決める事だよ
自由意志が与えられてる
信じたくなけりゃ信じない道もくれてる
213 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
進化のスピードのオーダーがあまりに長過ぎることの説明もない
224 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:551sgka/0.net
>>213
基本進化ってのは次の世代に移らないと出来ないからじゃねーの?その生物自体が急変するのはおかしいしおそらく体はついていかないだろ
洗練されてないだけじゃ進化論否定の根拠としては弱くない?
235 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
空手だの中国拳法だのにつま先立ちで不安定な体制をとる構えがあるんだが
これは不安定で何にも適してないように見えるが、逆に不安定だからどの方向へも
移動できる状態だからいかなる状況にも対処しやすいんだよな、生物的に見て
不安定で何にも適してない生物はこういう状況を作って残ってきただけだろ
何かに特化したらそれがだめなら滅ぶしかないからな
238 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VYuIklk9d.net
まぁ大学院で進化論の研究してて思ったこと書いてるだけなんだけどね
生物がそのキャパの中で形質を変化させるにしても何故そのキャパ自体が一定のレベルからこの数十億年で伸長されないのか謎なんだよなぁ
元からキャパの限界が決められたような違和感
242 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>238
その「キャパ」って何のこと?
243 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:h0bLgt4f0.net
進化したなら中間点があるはずやろってことやないんか
248 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:kAkiqS0S0.net
>>243
そりゃあるんじゃないの?
249 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:bI21ja13d.net
>>243
断続平衡仮説ってのがあるよ
269 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:KVDl7oXJd.net
簡単に言うと環境や刺激の変化には過剰なほど敏感なのに
数十億年経っても変化への対応が凄まじく遅かったり変化への耐性があまりに脆弱だったり
説得力ある説明がないんだよね
277 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:1suhdh7v0.net
>>269
急激な環境変化があったとして、たまたま適応できる奴が生き残ってるだけじゃん
徐々に適応してるわけじゃないぞ

そんなに謎か?
283 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:A45BigSOd.net
場当たり的に生き残りましたって適応しましたって種がいくらも滅んでなお
種は幅広い環境には対応しようとしないよね
たとえ20度前後の温度変化にさえ
284 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VAWrFFPv0.net
>>283
無駄だからな
変化の少ないとこに移動したほうがリソースを割かなくてすむ
285 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:A45BigSOd.net
>>284
無駄の根拠が想像の域を出ないから研究してるんだけどね
286 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:1suhdh7v0.net
>>283
種が自らの変化を決める意志があるという前提を置いてるん?
289 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:A45BigSOd.net
>>286
数十億年の経験の蓄積から導かないのか
それを阻むのは何か
295 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:fni+Gobm0.net
>>289
お前のサイコロは、前に1〜5が出たって記憶して次に6を出すのか?
302 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:VAWrFFPv0.net
>>299
環境に敏感すぎるのもキャパの無駄遣い
358 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:QLl7+U1Rx.net
宗教って心の弱い人がハマるんでしょ?www
360 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:WP+1H4+50.net
>>358
価値観の統一が目的なので信仰しない人は非人間ってことになる
362 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします ID:IoC5wukx0.net
進化論が正しいのかはともかくとして、神が作ったってのが間違いであることだけは火を見るより明らかだよな

a15channel
2017年08月14日23:49
1 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
まさにガバガバ
2 :名無しさん@おーぷん ID:OT0
神は全知全能ではないんやろなぁ
3 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>2
全知全能だから失敗をすることも可能
それがこの結果という説
4 :名無しさん@おーぷん ID:J3H
神は死んだ(至言)
6 :名無しさん@おーぷん ID:dfH
悪いことは全部人のせい

ゴミニートかな?
8 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>6
神は人の自由意志を尊重しています
その結果人が苦痛の極致を味わっても自己責任ですぅ
7 :名無しさん@おーぷん ID:R1M
人工知能作ったら勝手にヒトラー最高とか言い始めるもんな
それと同じようなもんやろ
10 :名無しさん@おーぷん ID:7x3
信仰心を試すために敬虔な信者を不幸のズンドコに落とす畜生
14 :名無しさん@おーぷん ID:9Cm
>>10
そのくせ自分を試してはいけないとか言うクズ
13 :名無しさん@おーぷん ID:aVX
聖書読むと悪魔より神の方がお手軽簡単に大虐殺してて草







15 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>13
自分が作ったものが世の中を悪くしている
心苦しいが責任取って全滅させる

おかしくない
17 :名無しさん@おーぷん ID:zPg
>>13

16 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
外来種的なね
19 :名無しさん@おーぷん ID:vDv
少なくともいうほど全然人間を愛してはいないよな
21 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>19
自殺する人1人を救うのはめちゃくちゃ渋るのに
人類全滅させる洪水は簡単に決行
20 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
今もこうして神は地獄で罪人を待ち構えています
23 :名無しさん@おーぷん ID:7x3
異教徒は殺してもいいとかいう謎理論
なんで全員神を信じるようにしておかないんですかねえ…
24 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>23
神は人の自由意志を尊重しています
人はロボットではありません
28 :名無しさん@おーぷん ID:7x3
>>24
じゃあもっと命を大事にしてクレメンス
29 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>24
聖書の神は人命より自由意志を尊重してるらしい…
27 :名無しさん@おーぷん ID:aKv
神は人間に自由を与えたんだぞ
33 :名無しさん@おーぷん ID:Aof
マジレスすると悪魔は人を殺す者やなくて、人間を殺させたり悪いことをさせたりするのが悪いことやからな
キリスト教的には死は素晴らしいことやからな
神的には虐殺は言わば浄化や
34 :名無しさん@おーぷん ID:aKv
神の意志に背くものには容赦ないで。ノアの箱船しらんのか
せやけどイエス様が現れて人類の罪を背負ってくれたんやで。だから感謝や
37 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>34
これってマッチポンプ…
41 :名無しさん@おーぷん ID:Aof
>>37
息子が勝手にやったみたいなもんやからな

まぁ、マジな話すると旧約はあまりにも苦行な人生を神の神の御業と思うしかなかったのが始まりなんよねぇ
45 :名無しさん@おーぷん ID:SBb
>>41
神なんていないんだ…
35 :名無しさん@おーぷん ID:ijw
神はそんなこといってないぞ定期
38 :名無しさん@おーぷん ID:ijw
悪魔も神が作ったもんやからな
悪魔に誘惑されるようなゴミは
神から見捨てられて当然だよなあ?
42 :名無しさん@おーぷん ID:OF3
サタンは最も神に忠誠の厚い腹心だぞ
49 :名無しさん@おーぷん ID:vTI
聖書に恐竜載ってない時点でもうアレ
51 :名無しさん@おーぷん ID:FAu
全体的におまいら勉強不足やな
52 :名無しさん@おーぷん ID:CrN
>>51
聖書なんてそんな読む機会無いんや
53 :名無しさん@おーぷん ID:FAu
アインシュタインもニュートンもオバマもトランプも敬虔なキリスト教徒やぞ
君らが理解できてへんのやで
56 :名無しさん@おーぷん ID:Tor
彡(゚)(゚)「えっこの御札で生前の罪が許されて天国へ行けるんですか?」
57 :名無しさん@おーぷん ID:puO
ちなみに儒教って宗教なんか?
59 :名無しさん@おーぷん ID:YH8
>>57
特定の教祖を崇拝するわけではないからあくまで「思想」やで
61 :名無しさん@おーぷん ID:puO
>>59
なるほどな
ワイなんかは儒教とかのほうがまだ理解できるな
63 :名無しさん@おーぷん ID:qE7
>>57
宗教をどう定義するかとか時期にもよるが「神聖存在への信仰」あるいはそのための教条という意味では宗教やろ
とくに漢の董仲舒以降は皇帝という教祖を崇拝するようになるやで
66 :名無しさん@おーぷん ID:YH8
>>63
皇帝崇拝って儒教の本質なんかなぁ
北朝鮮が金一族崇拝の正当化のために主体思想とやらを利用しているもんやないか?
67 :名無しさん@おーぷん ID:qE7
>>66
まあ皇帝崇拝は皇帝権力擁護のための後付けやろな
ただ「天」という人格神的な超越存在と祖先崇拝は四書五経のなかで既に想定されているから
どっちみち神聖存在への崇拝という要素は本質的なものやと思う
むしろ自然哲学的な側面が強調されだしたのは朱子学からやないかな







58 :名無しさん@おーぷん ID:YH8
時代が時代ならオウムや創価のような扱いを受けていたんやろなぁ、キリスト教もユダヤ教も
60 :名無しさん@おーぷん ID:FAu
>>58
受けてたけど
64 :名無しさん@おーぷん ID:d1a
でもイエスには奇跡があるから…
68 :名無しさん@おーぷん ID:LfN
旧約はユダヤ人が日々の辛い人生を生き残るための心持ちと知恵があるんや
新訳は盲信的または生きる価値を考えさせるお話があるんやで

こんなん書いてるけど全くキリスト教徒というわけではない
69 :名無しさん@おーぷん ID:FAu
イエス様の愛を知るべきやで

a15channel
2017年08月12日10:53
1 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
ウルネスの木造教会

ノルウェーのフィヨルドに向かい合う崖の上に残された木造教会。「スターヴ(垂直にたった支柱)」ヒルケ(教会/聖堂)の女王」と呼ばれている。
北欧には「ヴァイキングの建築様式」が採用された建造物が数多く造られましたが、この木造教会もその一つとなっており、現存する同様式の建造物の中でもとりわけ状態が良い教会と言われている。










2 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
ペタヤヴェシの木造教会

フィンランドには、多数の木造教会が残されていると言われている。その木造教会群の中でも、とりわけ保存状態が良いとされているのが、ペタヤヴェシにある教会。
ペタヤヴェシの町に残る、この木造教会は、1994年にペタヤヴェシの古い教会として、世界遺産に登録された。
この木造教会の建築には、「校倉造」や「寄棟造」などが用いられており、聖堂内部の構造には、「ギリシア十字形」が採用されていると言われている。また、聖堂の内部に設置された「説教壇」には、聖人や天使を象った像が残されている。








3 :名無しさん@おーぷん ID:I60
この教会知ってるで
船をひっくり返して屋根にしたんやっけ
4 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>3>>1の教会
7 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
>>3
そうなん?それは知らんかったわ
13 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>7
すまん
似た別の教会やった
ボルグンスターブ教会
本物の船やなくて船をひっくり返したような作りになってるらしい
15 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
>>13
すこ
めっちゃすこ
胸がときめく
5 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
キジ島絶対くるで
8 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
マウォポルスカ南部の木造聖堂

ポーランド南部マウォポルスカ地方の農村地帯、15~17世紀に建てられた木造教会が残り今も使われている。
中世後期に起源を持つこの地方の木造聖堂は小さいながらも素朴で、独特な形をしています。ヨーロッパカラマツで造られた大きな屋根が覆い、その屋根板は楔形の板を組み合わせた地域独自のもの。




9 :名無しさん@おーぷん ID:TBK














11 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
カルパティア地方の木造教会群

ポーランドとウクライナのカルパティア地方の木造教会群は、ポーランドとウクライナに点在する、16世紀から19世紀に建造されたギリシア正教会の16の聖堂で構成され、この地方の4つの民族への文化的な拡大と、様式的・装飾的・技術的特徴を代表するもの。






12 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
向こうは湿気も日本ほどじゃないからこういう木造建築も残ってるんやろなぁ
もちろんちゃんと維持して保存しとるのもあるけども
14 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
カルパティア山脈 スロバキア側の木造教会群

スロヴァキア東部のカルパティア山脈の、以前は高地ハンガリーとして知られた地域の小さな寒村にある、16〜18世紀に建てられた約50棟の木造教会群のこと。
このうち2つのカトリック教会、3つのプロテスタント教会、3つのギリシャ正教会の8教会群が、世界遺産に登録されている。





16 :名無しさん@おーぷん ID:NsO
異国の建物なのに見てると落ち着く
19 :名無しさん@おーぷん ID:XcA
>>18
これがっかり世界遺産一覧の本にのってたな…
22 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
>>19
まぁ木造やし、派手さはないわな
わびしい風景と無骨な木造の調和を楽しむもんや
20 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
キジ島の木造教会はちょっと豪華すぎるンゴ
質素で無骨な教会の方がすこ
23 :名無しさん@おーぷん ID:I60
イッチは建築が好きなんか?
27 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
>>23
建築が好きというほどのものでもないで
木造教会だけはなんか滅茶苦茶惹かれるんや
29 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>27
ほえー
まあ独特の魅力はあるな
26 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
木造教会がある世界遺産まとめ
https://worldheritagesite.xyz/tag/wood/

ここみたん?イッチ
28 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
>>26
文章まとめるの下手やから見たで
すまんな
30 :名無しさん@おーぷん ID:u5W
インドの建築好きで見てたら木造建築の影響を受けて石造建築造るようになったとかあるけど
欧州もそんな感じなんか?
31 :名無しさん@おーぷん ID:TBK
専門知識はないから詳しく説明は無理や
すまんの
ストリートビューで東欧の片田舎の木造教会とか見るのが面白い
34 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2
黒々してるせいか、なんか不気味な感じもするな
35 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>34
タールを塗ってるんや
せやから黒くなってる
38 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2
>>35
はえ〜

なんか、都市部にある権力誇示のための教会よりも土着の信仰に根付いてる感じがするわ
だからよけいに静かな凄みがあるのかもしれんな
36 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
船みたいやな
37 :名無しさん@おーぷん ID:I60
ヴァイキングの造船技術が使われてるからやろうな
39 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
>>37
納得やね
40 :名無しさん@おーぷん ID:u5W
自分も専門知識ないけど法隆寺とかと似てるように見えるし中世入りたての
横のつながり強いのかね
とりあえずRPG感あるわ
41 :名無しさん@おーぷん ID:I60
木造やないし教会でもないけどロンシャン聖堂が好き

42 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>41
正確には礼拝堂やったわ
43 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2



ワイはこれ
ラリベラの岩窟教会群
44 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>43
はえー
掘って作ったんかな
45 :名無しさん@おーぷん ID:L6F
モスクの画像もってるおんj民はおらんのか?
47 :名無しさん@おーぷん ID:u5W
>>45


46 :名無しさん@おーぷん ID:I60
ブルーモスク
今拾ってきたが

48 :名無しさん@おーぷん ID:I60
あとは神戸モスク
ここがすごいのは半径数キロ以内にイスラムキリストユダヤ仏教神道ジャイナ教の宗教施設があるところやな


49 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
クール・シャリーフモスク
これのすごいところは同じ敷地内に正教会の教会があることやな
イスラム教徒とキリスト教徒が仲良く一緒におるわけや







50 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>49
はえーすっご
どこにあるんや?
53 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
>>50
ロシアのカザンやで
今エアレースやっとる
神戸モスクもすごいンゴね1回行ってみたいわ
51 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2


イタリア
絶壁の中にある教会
54 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2


これも断崖の上にある修道院
58 :名無しさん@おーぷん ID:nZ2


グルジア
59 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>54
>>58
行くの大変そうやな
60 :名無しさん@おーぷん ID:aMP
>>58
すごすぎぃ!
61 :名無しさん@おーぷん ID:u5W
モスクの凄いのはアラビアで主要だったドーム型建築をアジア各地に広めたこで
さらにムスリム技術者と当地の技術者が協力し現地の様式を取り入れたのを作ってるところなんやて
後アラベスクすごい
62 :名無しさん@おーぷん ID:I60
>>61
はえー
63 :名無しさん@おーぷん ID:I60
あと現代建築やけど瑠璃光院もすこ

64 :名無しさん@おーぷん ID:I60
散々貼っといてあれやけど元々木造教会のスレやったな・・・

a15channel
2017年07月25日12:03
1 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
京都
新潟
長野
徳島
高知

故郷宮崎は少なくて悲しい
2 :名無しさん@おーぷん ID:oys
おいおいおい、妖怪の聖地岩手が入ってないじゃないか
3 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
京都は本場で
徳島は妖怪村とかいうのあって狸多くて
高知は特製の妖怪絵巻がある
4 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
新潟と長野はよくわからない
5 :名無しさん@おーぷん ID:y9K
遠野物語が有名な岩手は?
6 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
岩手がないのもよくわからない
7 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
単なるwikiのページ数上位なんだけどね
8 :名無しさん@おーぷん ID:WzG
>>1は妖怪検定とか取ってる人?
9 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
取ってないよ
10 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
地方限定の妖怪ってどんなんがあるん?







11 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>10
基本的に妖怪は地方限定と思うよ
12 :名無しさん@おーぷん ID:kWi
み、宮崎は神話が強いから…
19 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>12
神話に縁あるなら妖怪もいてもいいと思った
13 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
たとえば鬼太郎の仲間だったら
一旦木綿は鹿児島で
砂かけ婆は奈良とか
14 :名無しさん@おーぷん ID:oys
妖怪いいよなー

こう言うとこで不思議に出会いたい
21 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>14
それとは違うかもしれんけど
熊野古道とかいうところ行ってみたい
24 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>21
最高だよな!!
俺も絶対に行ったるねん
16 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
全国的におるのは河童や天狗みたいな大スターと
情報が回りやすかった現代妖怪だけ
17 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
キジムナーが沖縄、ぐらいしかわからんわ
22 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>17
あれまんま鬼(外国人)だよな
なんで子供の姿なのかは疑問だけど
28 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>17
その都道府県の妖怪って地元の人も知らないこと多いんだけど
キジムナーは沖縄県民なら割と知ってるらしい
31 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>28
めぼしいそれぐらいしかいないからな、あとは耳切坊主とか
ちな県民
沖縄でもブナガヤって呼ぶ地域があったり、奄美ではケンムン(化物=ケモノ?)って呼び方になったりするよ
33 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>31
耳切坊主について是非教えて欲しい
ブナガヤ火とかっていうのは別の妖怪かと思ってた
43 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>33
まぁ妖怪ってよりは怨霊の類だけどな
すげー悪徳坊主がいて、そいつは碁が強かったんだけど、懲らしめる為に聡明な王子が碁の勝負を持ちかける
んで、それに負けた坊主は耳を切られる
その怪我が元で死んじゃって、夜な夜な耳を切る為に現れるってお話
耳なし芳一の亜種みたいな感じなのかもね
あとは逆立ち幽霊とかもいるよ
45 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>43
耳なし芳一が海渡るとそうなるのか
芳一に比べて生命力が無いが
48 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>45
しかも本当は命取られる賭けで、インチキまでして負けてんだぜ
なのに耳切りに出てくるとか聳糞もいいとこだよな
18 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
伏見稲荷大社で山の中迷ってたら猿が道案内してくれたんだけどあれ絶対妖怪だったわ
25 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>18
kwsk
35 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>32
みためはノーマルな猿?
37 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>35
うむ
小柄で毛並みが良くて可愛かった
特に神様みたいな風貌はしてなかった
41 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>37
道案内といえば八咫烏だけど
そいつも神様そのものじゃなくて使いだったのかもしらんね
36 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>32
不思議なこともあるんやな
伏見稲荷大社地元民やけど、猿の話は聞いたことないわ
39 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>36
猿自体はよく出るよね?
42 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>39
猿…いるんかな…?
47 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>42
いないんだったらガチで妖怪やん
今まで野生の猿か妖怪か信じるも信じないも俺次第的な笑い話だったのに
54 :名無しさん@おーぷん ID:UKj
>>47
俺が見たことないだけで入ることはいるのかもしれん
ただ伏見稲荷大社って山の中に本殿があるけど、住宅地の近くやし、危険やな
26 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>18
それは異獣ってやつじゃないか
弁当あげたら道案内してくれるやつ
32 :名無しさん@おーぷん ID:0Qm
>>25
冒険心から歩きづらくて細い道に入ったら迷っちゃって
2時間くらい彷徨ってたら林の中から猿が出てきて
ヤベェ襲われるってビビってたらこっちチラチラ見ながら3本道の真ん中歩いてったんだよ
なんとなくそっち行ったら「この先頂上」って書いてある看板があって
登ってったら人がたくさんいる鳥居が並んだ例の道に出られた
そこからちょっと行った所にあった店で食ったきな粉ソフトが疲れてたから死ぬ程美味かった

>>26
お供えしたい気分だったが不法投棄になっちゃうしな
30 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
みなも自分とこの伝承を知っておくと楽しいかもしれんよ
38 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
狐なら結構あるんだろうけどね







58 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
上で大体の妖怪は地方限定って書いたけど
件の逆立ち幽霊とか耳切坊主みたいに
共通点を持って別の県に進出してる妖怪は沢山います

これを追っていくと結構楽しかったりする
59 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>58
因幡の白兎なんかは国すら越えてるよな
そう言うのも興味深いわ
61 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>59
国越えてんのはすごいわ
そこまでいくと口承伝播とかってより
集合的無意識みたいな話題になるんじゃないの
63 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>61
あ でも日本の中国由来妖怪はまた別か
自分はそんなことないと思うけど
真面目に妖怪を学問にしてた人曰く日本妖怪の7割は中国産
67 :名無しさん@おーぷん ID:oys
>>61
近いものだと出てくる動物が違うだけってぐらい似てる話もあるから、きっと何か等しい教訓があったんだろうね
それこそ昔の生活に於いては命にかかわる
68 :名無しさん@おーぷん ID:LgX
>>59
あれは元々はインド〜東南アジアの伝承だという研究があって
ウサギが渡っていったのは河のワニの背中だとか
62 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
龍(ドラゴン)の文化が世界的にあるのは、
発掘される恐竜の化石から各々想像した結果って説読んだことあるけど
どうなんだろうね
64 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
長野は山ばっかなのが妖怪にとって都合いいのかなとふと思ったけど
宮崎も山ばっかのはずだった
65 :名無しさん@おーぷん ID:LgX
欧米に移民した連中も含めて中国人はドラゴン好き過ぎるだろうwww
どこにでも龍を飾ってる印象
69 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
>>65
五行の聖獣なんか龍が被ってても気にしないからな
77 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
ちなみに妖怪の名前はウで終わるのがめちゃくちゃ多い
しりとりにならないレベル
78 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
新潟の妖怪は見たら佐渡島のものが多かった
有名な狸が伝わる土地でもある
80 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
狸が多いところは妖怪が増えやすいのかもしれない
徳島と、高知も四国だし
81 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
あと離島が妖怪多いような気もする
東京に属する離島にも結構いる
84 :名無しさん@おーぷん ID:Da1
水木しげるの鳥取も妖怪少ないという
よくあんな逸材が生まれたもんだという感じ

a15channel
2017年06月25日10:53
1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
ワイやで
死ぬときまで分からないんだよな
2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UHP8Akpdd.net
まあ死ぬのは苦しそうだよな
6 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>2ずっと死にたくないってもがき続けたら死ななそうじゃね
3 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AiqFipAB0.net
いままで何十億?人も体験してることやからへーきやろ

って自分に言い聞かせてる
101 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:7LDYxbZ00.net
>>3
死ぬ時は自分が世界で初めてなんだよなぁ
4 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:x3kdbTtB0.net
毎日寝る瞬間が認識できないように
自分が死ぬ瞬間も認識できないから何も怖い事はないぞ
7 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:aD6fiC24a.net
ガキの頃は死後の事が怖かったけど今は逆や
一瞬で死ねるボタンがあれば押すで
12 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
そら若いからやぞ
年老いて頭狂ってくうちに恐怖なんざきえる
13 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:hD9GjP240.net
死後の世界がどんなに楽しくても
ワイは今のこの世界を認識出来なくなるのが嫌や
25 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>13俺も全く一緒やで
俺が死んだらお前にレスすることは何億年経っても出来ない
全て終わるんやな







14 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:DMSLnZbb0.net
ロボットになってもいいから死にたくないわ
16 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
俺は死ぬときの感覚は恐怖だと思うわ
この現世で知り合った人ともう誰とも話せない、もう誰の顔も見ることができない、もう誰のことを考えることもできない
そう思うと寂しくなるんだよな
79 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:5oezO+Gg0.net
>>16
年寄りなったらそんな感情も無くなるんやで
88 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:T9pBqSFa0.net
>>79
ワイの爺ちゃん死にたくない言いながら死んだな...
小学生の時やったからトラウマ
17 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
つまらんよな死んで終わり
まあ日本なんかで不老不死なんかなったら偉いことやけどな
18 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
あと死後の世界とか言ってるガイジおるけど死んだら終わりやからな
今感じてる世界も生きているからあるだけで死んだらなにもない
22 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zxrZylG+d.net
>>18
それを証明できればええんやがな
30 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
>>22
もう証明したようなもんだぞ
ただ宗教のせいで死後の世界だの何だのっていう迷信が言われているだけ
感覚を感じる脳が停止する時点で終わりなんだよ
36 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>18
体が無くなるからな 
意識や知能は脳が生み出してるし目や耳などの感覚器官によって世界を知ることができているのであって死んだらそれらの機能が全て停止するから当たり前の話やな
41 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>18まさしく”無”やな
生まれてこれて本当に良かった
もしかしたら俺の意識を構成してる何かは無限に無を彷徨ってたかもしれん
51 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
>>41
お前が生まれてきた、のではなくて
感覚がおまえを存在させているだけな
81 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>51俺は生まれてくるまでの時間何も存在してなかったのか
だとしたら何も怖くないはずだけど、なぜか死後は怖い
一度意識を持つと無が怖くなるわ
19 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
死後なんかあるわけ無いやん
脳がないのにどうやって世界を認知すんねん
23 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:T9pBqSFa0.net
無なんて人間の想像やしな
どうなるかわからん
24 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:UeGr/D4X0.net
死ぬのなら夜寝て気がつかないうちに死にたい
27 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:3lISoInNx.net
死後の恐怖って現世の未練の裏返しと違うか
28 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:zTp0nExfr.net
死んだら意識はどこ行くんや
このまま消えるなんて寂しすぎるで
32 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>28
意識は脳が生きてるからあるだけやん
59 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>32
脳が損傷したら性格が変わったり知的障害になったりとかもするし何よりも認知症みたいな病気が存在していることが人間の自我、意識は脳が生み出している幻想に過ぎないということを何よりも証明していると思う
38 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:uD/rLO6U0.net
幽霊探しに行きたいわ
どんなに怖くてもいたら嬉しい
43 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:lKZUES+q0.net
寝たら自我無くなる瞬間あるやろ
あれと一緒や
45 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>43
これでなんであの世があるとか思えるんやろなぁ
57 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:AiqFipAB0.net
>>45
夢見るからかもな
死んだらずっとこんな夢見るんかな・・・
とか考える人がいてもおかしくはない
61 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>43何もないアレが何億何兆何京年も続くと思うと寂しくなる

自我がないから寂しくなるはずないやろって自分で分かってるけど、それでも寂しくなるわ
49 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:a8b+W2iE0.net
この宇宙が始まって数十億年経ってる訳やがお前が生きてる間のほうが圧倒的に短いやん
お前が生まれる前の途方も無い時間を覚えてるか?
死んだら生まれる前に戻るだけで何も無いで
55 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Rm5DnsrJ0.net
>>49
さみしいなぁ
97 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>49いま生きてる俺が死んだあとの途方もない無の時間を恐れてるだけやで
自我を持ってる人間が自我が無くなることを恐れるのは当然のことやろ
52 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:EaMDpQkgd.net
今は平然と生きてるけどいつか人生にも終わりが来ると思うと辛い
無に還るんや、そして自分が無であることすら認識できなくなるんや
83 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SgWoiE8uH.net
>>52ンゴオオオオオオ
89 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:Vd4T8jlD0.net
>>52
せやな だからこそ辛いことがあっても生きていけるんだろうけどな
人生には終わりがあるということがわかってるからこそ







78 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:U5YOO4mQ0.net
グッスリ落ちて寝てる時っていうほど悪くない感覚やろ?むしろ気持ちいいって感じやん
んで、夢を見てる時のほうが結構怖かったりするやんけ
特に寝起きに関してはマジでだるいやろ
人の一番恐怖だった時は生まれる時だった同様に
死後の世界も案外悪くないのかもしれんぞ
85 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:SYM7Wgn1d.net
まあ宗教が存在する理由の大部分は死、だからな
87 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:p8kxsL9Ma.net
脳は意識の受信機で死んだら意識はバラバラになった後別の受信機に行くって説があるけど意識を発射しとる奴は何もんなんやろか
90 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:jIbir/VB0.net
死んだら寂しさや恐怖はおろか無すらも感じないからな
何にも心配する事はない
92 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:A+KqGfxD0.net
休みが永遠にあると日常生活が恋しくなるやろ?
永遠に同じことが続くのは地獄なんや
107 :風吹けば名無し@\(^o^)/ ID:OFJfMIQia.net
誰でもメチャクチャ怖いんや
だからボケるんやで
人間最期の自衛や

a15channel