[ 哲学 ]

2017年08月22日23:49
1 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
行動力がすべて
2 :名無しさん@おーぷん ID:5pl
とは限らない
4 :名無しさん@おーぷん ID:Qqb
思い込みの力は偉大である事
7 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
発信力やアウトプットしてはじめて能力になること
8 :名無しさん@おーぷん ID:NuS
顔の不細工さは性格の不細工さに比例
10 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
いっぱい失敗するのが大事ってこと
13 :名無しさん@おーぷん ID:wjl
経験の伴わない知識は空しい
14 :名無しさん@おーぷん ID:ZEj
マジなのは鬱になったら周りに理解者を探すべき
15 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
物事捉え方ですべてプラスに変えられること
16 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
人生の主人公を 自分以外にしたら空っぽになる







19 :名無しさん@おーぷん ID:m6w
生まれた家で人生の大半は決まる
20 :名無しさん@おーぷん ID:zbg
死と向き合えば能力が向上する
21 :名無しさん@おーぷん ID:OS1
持ってるものを有効に活用することを考える
23 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
常識や規則に縛られてたら何もできなくなること
24 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
記憶や意思は脳であり 魂は存在しない
25 :名無しさん@おーぷん ID:OS1
頑張る自分をつくるのではなく頑張れる自分をつくる
27 :名無しさん@おーぷん ID:W17
保証人にはなるな
28 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
臆病な心を麻痺させることができたら大概のことはうまくいく
29 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
親がペットを飼うことに反対するのは 先に死んでしまうことを知っているから
30 :名無しさん@おーぷん ID:Da8
ホウレンソウは上司に責任を押しつけるために行う
31 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
両思いは無い 必ずどちらかが妥協して成り立っている
32 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
共益費とか込みで家賃は考えないといけないということ
35 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
悩んでもがいて必死なときが人を成長させてくれる
36 :名無しさん@おーぷん ID:yKJ
深く物事を考えてはいけない
37 :名無しさん@おーぷん ID:ZEj
物を作る側にまわった方が幸せ
39 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
年取るとハゲてこないか心配になってくること
40 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
個性の良い面は恋愛へ
個性の悪い面はいじめへ

表裏一体 個性ある限り永遠に無くならない
41 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
身体の管理はやっぱ大事だなって
42 :名無しさん@おーぷん ID:0bz
心身共に健康に勝る資産無し!
44 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
人と違うことをするのは、苦しいし、結果がいるしそれだけ覚悟がいるってこと
45 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
変わった人生が欲しいなら 変わったことをしなければならない
普通に生きれば 普通に死ぬだけ
49 :名無しさん@おーぷん ID:PEd
学業も運動能力も生まれ持ったモノで9割決まる
51 :名無しさん@おーぷん ID:xpt
金と色恋は人を変える
52 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
正味、男は普通の見た目さえあれば、あとは中身
53 :名無し ID:4C1
「人の話を聞けないのか」という奴の9割は人の話を聞かないクズが多い
54 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
朝の占いは見て3分で忘れる
55 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
楽になるなら逃げてもいいかなって
逃げて苦しくならなければ
58 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
辛い世の中なんやから、愛しあえる人一人ぐらいはほしい
61 :名無しさん@おーぷん ID:SqZ
歳取ると楽しくても人の視線があってはしゃぐことが出来ない
62 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
努力努力というけれど、何をやるか見つけるのが一番重要







66 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
年金はとりあえず払っといた方がいい
67 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
流れているニュースは選ばれている
68 :名無しさん@おーぷん ID:3aO
後に回すは地獄の始まり
69 :名無しさん@おーぷん ID:U1N
世界は損得で成り立っている
71 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
負けを認めたとこから、人生は始まる
72 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
願いは届かない 決定した事象に理由を付けたいだけ
73 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
視野や視点を広げておくと、世界が広がること
身の回りの人目や世間体みたいなのどーでもよくなる
74 :名無しさん@おーぷん ID:wjl
人間関係は信頼関係
77 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
事実と解釈を見極めるのが大事
78 :名無しさん@おーぷん ID:JTz
会社の上司は
部下が思うほど偉大じゃない
79 :名無しさん@おーぷん ID:tjG
他人との交流はワイにとって害になる割合が多すぎる
コミュニケーションは手段であって目的にしてはいけない
80 :名無しさん@おーぷん ID:2eW
いろいろあるけれど、幸せになるために生まれてきたんだってこと
81 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
ミスコンの一位は 「ミスコンに応募するような女」の中で一位である
それを超える美女は応募自体していない
90 :名無しさん@おーぷん ID:zDp
>>81
ミスコンミスターコンって自分に自信のないブサイクが出るもんやと思うわ
ガチ勢は芸能界いくやろ
83 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
自分から興味を持って覚えたものは忘れない(カラオケの歌など)
覚えさせられたものは忘れる(勉強など)
86 :名無しさん@おーぷん ID:mkx
年上の女性には「さすがです」「勉強になります」だけ言っとけば何とかなる
87 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
「偉い人」と「偉そうな人」は違う 偉くても偉そうにしない人が人望を集める
88 :名無しさん@おーぷん ID:gE4
何もおきないことが一番の幸せであること
89 :名無しさん@おーぷん ID:lA1
人は安定と刺激を交互に求める
遊園地に行きたいか 温泉に行きたいか
仕事ばかりなのか 休日ばかりなのか

a15channel
2017年07月29日00:23
1 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
アレってどうやったら鍛えられるの?
6 :はなやに◆KQ12En8782 ID:k6q
テレビ見るのをやめる。
9 :名無しさん@おーぷん ID:xgh
先天性のものだから鍛えようがない
13 :名無しさん@おーぷん ID:aqB
ない
この世は学歴が全て
学歴の劣る者は頭脳が劣るという事
社会では云々いう輩もいるが全て低学歴の嫉妬
学歴が頭の良さのすべてである

異論ある?
17 :はなやに◆KQ12En8782 ID:k6q
>>13
でも、昔総理になった鳩山さんは・・・
18 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>13
学歴が良いと仕事を覚えるのが早かったり融通が効くってこと?
21 :名無しさん@おーぷん ID:uZG
>>13
アンダーアーチバーという言葉がありまして
知能の割に学歴が低い事を指す専門用語
36 :名無しさん@おーぷん ID:wWx
>>21
そんな専門用語使っちゃったら権威主義の学歴厨黙っちゃうでしょ
14 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
脳ミソの瞬発力というか頭の回転の速さってあるじゃん
20 :名無しさん@おーぷん ID:Wpj
でも頭切れるやつって大概勉強もできるよね
やらないだけで







29 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>20
学歴と地頭両方良い人もいるよね
24 :名無しさん@おーぷん ID:y7M
違うというよりは学歴と完全に一致はしないってだけで
だいたい同じ方向性のもんではある
27 :名無しさん@おーぷん ID:8JL

>>24
ホント同じ方向性なの
30 :名無しさん@おーぷん ID:O3M
松本人志がこういうタイプだな
32 :名無しさん@おーぷん ID:aqB
目先や小手先の事を上手くやってのけるけど
大局的な視点に欠けるタイプは一般に頭いいと言えるのだろうけど
小賢しいと表現される事もあるね
33 :名無しさん@おーぷん ID:knB
地頭の良さはコミュ力とかそっちらへんでしょ
世渡りのうまさ俺下手だわ
35 :タマフィン◆n1bMUKSpgO54 ID:g5w
向上心と度胸やな
281 :エブリー花尻 ID:0OX
>>35
これ
37 :名無しさん@おーぷん ID:K7B
そういうのって、切り返しの速さだから、経験数だろ

ま、がんばれ
43 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>37
>>38
結局勉強と同じで場数と復習が大事なんかね
58 :名無しさん@おーぷん ID:K7B
>>43
勉強も一杯するだろ?

経験もいっぱいすれば上手くなる
67 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>58
そうか…ありがとう
ちょっと焦り過ぎてたかもしれんね
39 :名無しさん@おーぷん ID:2uP
ひろゆきみたいな?
40 :名無しさん@おーぷん ID:AYf
>>39
あれはごく単純に論点ずらしてるだけだぞ
普通にしてると気づけないくらいうまいが
地頭じゃないな
41 :タマフィン◆n1bMUKSpgO54 ID:g5w
>>39
ひろゆきって利口というよりかは
視野が狭くて頭の回転が速いタイプやろ
44 :名無しさん@おーぷん ID:AYf
地頭は現代文できるかどうかだろ
多分
55 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>44
どういうこと?
47 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
作業とかを要領良くこなす人とか不測の事態があってもすぐに次やる行動が頭に浮かぶ人とか見るとどういう脳ミソしてんだろうと思うわ
50 :タマフィン◆n1bMUKSpgO54 ID:g5w
>>47
段取り上手い人羨ましいよね
61 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>50
羨ましい
自分は根っから暗記タイプだから作業する時に一度これからやる事を想起するタイムロスがあるんだけど、地頭良い人って体でも覚えてるって感じするわ
54 :名無しさん@おーぷん ID:uZG
>>47
そういう人は動作性IQが高いんだよ
56 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>54
IQにもそんな区別があるのか
暗記とは使ってる脳ミソの部分が違うのかね
48 :名無しさん@おーぷん ID:yTj
どっちかっつったら数学じゃね。全く勉強しなくても数学ができるやつ
アメリカでは数学ができるやつは他の教科ダメでも評価されるっていうし
53 :名無しさん@おーぷん ID:AYf
>>48
日本の数学は考えなくても解法覚えりゃどうにでもなるからはかりづらい
というか解法覚えてないとどうしようもない問題ばっかなので計りづらい
52 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
学歴なんざ、記憶力だけ測定してるからな
57 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
地頭っていうか、感覚を鋭くするんだろ?
集中力とか、反応速度とか、観察力とか
63 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>57
どうやったら鋭くなる?
68 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>63
そんなん、普段から意識してればできるだろ
キョロ充が正解なんだよ
59 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
記憶力だけの「学歴」や、空間認識力や処理能力だけのIQじゃ、生の人間社会には通用しないと思うがな
そういうことだろ、>>1の言ってる地頭って
64 :名無しさん@おーぷん ID:K7B
>>59
たぶんそう

行動力の後ろ盾みたいな物を言ってるんだとおもう







84 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>64
行動の後ろ盾くわしく
91 :名無しさん@おーぷん ID:K7B
>>84
一言でいったら、経験、自分の歴史かなあ
知識ってのは正解を知ること

経験は成功も失敗もする事、読めるようになる事、
失敗繰り返して打たれ強くなること。
不毛を予感して引く事。


回数多いと、あっさり手を出せるようになる。躊躇の時間が少ない。
110 :名無しさん@おーぷん ID:8JL

>>91
経験か
どうやら俺は失敗や人の目線を気にし過ぎていたようだ
65 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
幼少期の経験が一番大事だよなーと思う
俺はよく絵本読んでたからか、マンガと小説をよく読むようになって、小中学校の国語は簡単で好きだった
弟は絵本読まなかったからか、本全く読まなくて国語が苦手だった
88 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>65
ハァ〜出た…幼少期に決まるパターン
でも俺はこれからもずっとこんなうだつの上がらないクソ野郎のままでいたくない!変わりたいよ!(慟哭
66 :名無しさん@おーぷん ID:LJz
読書量は大きいと思う
話しててコイツ頭いいな、頭の回転速いなってタイプは人並み以上に本読んでるのが大半なんだよね
92 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>66
漫画じゃダメですよね…
69 :名無しさん@おーぷん ID:HHr
勉強ができなくて地頭いい奴なんていない
73 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>69
地頭いい人って勉強できないんじゃなくて、やらないだけやろな
仕事とか覚えるの早いし手際もいい
70 :名無しさん@おーぷん ID:NNg
頭いいって思ってる時期もあったけど(普通にバカなんだけど勘違いしてた)
不測の事態に対応できな過ぎて辛い
嫌味とか言われてもうまいこと返せなかったりw
72 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>70
それ語彙があるかないかだけでしょ
記憶力の問題だよ
79 :名無しさん@おーぷん ID:NNg
>>72
語彙力は普通にあるんだけど、とっさってとこが味噌なんだよなぁ
臨機応変というか
81 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>79
それこそ経験じゃない?
83 :名無しさん@おーぷん ID:NNg
>>81
経験してもできないんだよね
固まっちゃうか苦笑いw
頭のいい回転が速い人は上手いことやってるんだろうな、って
85 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>79
それは場慣れだよ
修羅場くぐれば動じないよ
幼稚園児に「バーカ」っていわれたって、余裕あるでしょ?
jkや綺麗なおねいさんに「ばーかw」って言われても動じなくなればいいだけよ
87 :名無しさん@おーぷん ID:NNg
>>85
なるほどね
えっ、おっ、あっ・・・w
ってなっちゃうww

嫌味に離れできなくてなぁ
心の中じゃ言えるんだが
98 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>70
分かる…わかり過ぎて俺まで辛くなる…
74 :名無しさん@おーぷん ID:yTj
世渡り上手の事をいうなら、やっぱサイコパスだよ。
IQが高いサイコパスが最強
分析力処理力論理力に優れて、人を巧みに操る
75 :名無しさん@おーぷん ID:hfk
コツ掴むのがどんだけうまいかだよなぁ
こればっかりは才能な気がする
時間かければ誰でも到達はできるんだがな
77 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
何も考えず、言われるまま、書いてあるまま覚えるのが「学歴」の記憶力の頭の良さ
要はこういう事だろ、で覚えるのが地頭の良さ
だよな
105 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>77
!!!
78 :名無しさん@おーぷん ID:O3M
指標は収入の高さだろ
学歴ないのに高いやつは地頭いいといっていい
ひろゆきは当時は未発達の電子掲示板と動画サイトの開設・運営するという先見性の高さ
それによって得られた収入の高さ(年収一億以上)
学歴が低いとは思わんが十分地頭いい
82 :名無しさん@おーぷん ID:K7B
学歴とか知識は損にならないよ
それが人生の材料

応用は自分次第
107 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>82
応用って難しいよね
94 :名無しさん@おーぷん ID:Y2l
数独とかやってれば頭よくなりそう(適当)
97 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
「さあこれから経験するぞ!」「よし、そろそろ意識して生活するぞ!」
なんて出来るもんじゃないんだよな
ほんと、普段の何気ないときからなんだよ
何かあるときに、地頭が働くのはさ
99 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>97
色んな人間と接するのが一番の近道な気がする
すぐできるもんじゃないけど
106 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>99
別に人と接しなくても、ヒキニートの生活ですら十分だと思うよ
それくらい、普段からどれだけ、集中してたり周りに気を配ったり、色々な事に気を付けているかって事だけだから
「人と接すればなんとかなる」とかじゃ意味ない
109 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>106
人と深く付き合うと考えること多いじゃん?
仲良くなるために頑張ったり口喧嘩で勝つために頑張ったり
強制的に考えさせられるって感じ
俺は友達少ないから妄想だけど
114 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>109
ひとりに対しても、多人数に対しても、考えたり気を配るのは同じ内容だからね
だから別に数は必要ないよ と
116 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>114
せやけど、温和な人とかすぐキレるやつとか色んなパターンを深く経験できるやん
123 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>116
もっとそれ以前だと思うからねえ
それは会ったときや、その人の事を意識してる時だけに考えることでしょ?
飯食ってるとき、トイレの時、全く関係のないときにも時に考える
そういうもっと手前の話だと思うからね
112 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>97
なるほどな…
人生日々これ勉強か
108 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
マルチタスクっての?
同時にいくつかの事を考えたり気を付ける
それだ、簡単に言えば
115 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>108
確かに同時にアレコレ考えられない人間だわ俺
118 :名無しさん@おーぷん ID:vBm
教わるだけじゃなくて自分で考えるってのが大事だと思う
122 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>118
分かる気がする
でも深く考え過ぎて行動が遅れてしまう
127 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
普段からあらゆることに気を付けたりアンテナ張ってるってことかな
だからキョロ充が本当は正解なんだよ
地頭の良さって意味じゃね
適時最適な対応ができるわけだから
129 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>127
キョロキョロ充って確かにウィ〜って言いながら仕事テキパキやりそうなイメージあるわ
サボれるところは省略出来る能力ありそうだし
130 :名無しさん@おーぷん ID:e4T
マニュアルを完全に覚えてから効率化してく
基礎覚えてから応用して行くのと一緒
133 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
>>130
効率化の部分だな問題は
139 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
そこら辺のキョロ充の方が俺よりよっぽど効率的だと思うわ
サボって叱られても適当に受け流して次に繋げそうだし
俺みたいな能力不足なのに下手な完璧主義者は何事も型にはめたがるし失敗や叱責が怖い…
150 :名無しさん@おーぷん ID:mDB
>>139
叱られる側にいる時点でどちらも似たようなものさ
要領がよかったら、自分が叱る側にいかないとね。
152 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
はぁ…人生とはとかく悩み事の多いものよ…
154 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
要領よくて、人たらしが上手くて ってのは天性とかいう人もいるけども
天性っいてわれているのは「意識せずに普段からアンテナはったり気を配ることができる」スキルなんだと思うよ
160 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
何か俺には俺の生き方があるのかもしれないなぁ…
要領が良くてテキパキ働けるタイプにはなれない気がしてきた…
164 :名無しさん@おーぷん ID:Uxp
>>160
一つのことを極めたらいい
最初はダメダメでも何年も続ければ職人になるさ
常人はそうするしかない
166 :名無しさん@おーぷん ID:HlY
主は地頭を鍛えたいのか。
すごい点の話なんだけど、
既存の決まりや概念に疑問を持っていい方法を考え続けるようになれば、課題解決力は上がると思う!

でもそれはもとからその人が持ってる知能を活かしただけであって、頭の良さ自体は変わらないと思うな。

なんていうんだろう、知能を良くするのは無理だと思う。
でも、知能の活用度を上げることはできるかなと思う
168 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
なんか受動的な人間だからな俺…
もっと自分で考える力が必要だ
172 :名無しさん@おーぷん ID:2Vv
頭の良さは関連付けることだ、とどっかの先生が言っとった
173 :名無しさん@おーぷん ID:8JL
xxも入ってるしもう何が何だかよく分からなくなってきたゾ

関連付けか、おぼえとこ
197 :名無しさん@おーぷん ID:QxC
極端な絶望や幸せの中に居ると飛躍的に頭が良くなる
199 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>197
修羅場は頭を鍛えさせるよな
243 :名無しさん@おーぷん ID:QxC
ぬるま湯に浸かっていると頭が死んでいくと俺は思う
244 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>243
痴呆症ってほとんどそれよな
249 :名無しさん@おーぷん ID:QxC
>>244
そうだな、実際やる事なくなったら俺もヤバそうな気がする
252 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>249
しかも、直前までトップスピードで駆使してたんだろうからなあ
地頭がいい人ほど、ボケやすいんだろうな
253 :名無しさん@おーぷん ID:QxC
>>252
まさにエンジンみたいに再点火が難しいんだろうなぁ
256 :名無しさん@おーぷん ID:vOw
>>253
だな
維持するなり、徐々にクールダウンさせんとね
ま、若いうちの使い方もそうなんだろうけども

a15channel
2017年07月27日03:45
1 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
自己流哲学の質問になら答える
2 :名無しさん@おーぷん ID:WOL
あなたにとって哲学とは?
3 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>2
自分の考え方と生き方
4 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
俺の哲学
正論には前提が必要である
9 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
>>4
これをもうちょっと知りたいけど長くなるかなーって
10 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>9
いやそれはもう終わっているけど
詳しく効きたいんなら何か質問してくれ
5 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
長くなります?
7 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>5
質問する人次第
6 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
弁証法か?
8 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>6
知らん







11 :名無しさん@おーぷん ID:ycl
正論には前提が必要であることを信じ込む為にどれ位歪んだ考え方で正しさに当たる気ですか?
13 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>11
良く分からんもっとスッキリ聞いてくれ
14 :名無しさん@おーぷん ID:ycl
>>13
正論って誰にとっての正論?
15 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>14
元になった前提に対しての正論
正論は人によらんだろう
21 :名無しさん@おーぷん ID:ycl
>>15
だったら何で違う意見と思想で各々が正義を掲げてた方を否定するの?

完全な正論があるとして、全員がそれを認めるの?

正論って、誰にとっての正論?
23 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>21
正論だとしてもお互い否定しあうのは前提が違うから
そもそも正論じゃない場合は除く
完全な正論はない
正論とは前提にとっての正論
24 :名無しさん@おーぷん ID:ycl
>>23
その思想を定義するために、どれほど歪んだ在り方を正論としてるの?
自分にとってすらそれは正論じゃないんだけど
26 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>24
>>4は正論ではない前提
16 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
ほぼを付けるの忘れたまあいいか
17 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
正論を述べるには前提が必要である?
18 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>17
そうだな
19 :名無しさん@おーぷん ID:NuL
言葉に力なんてあるんでしょうか
22 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>19
あるよ
30 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
>>19
>>22
俺はないと思う派
人に力があってそれが言葉に伝わる
今渡辺謙がどれほど奥さんに愛の言葉を述べても本人がその力を無くしてるから響かないとか
31 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>30
人と言葉を分離して考えているかいないかだけで
俺と君はほぼ同じ考えだと思うよ
34 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>32
やったことないよ何もまじで
ただ哲学的考えに基づいて作られているものが世の中にたくさんあるから
俺が影響を受けて結果的にそうなっていないとまでは否定できない
37 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
>>34
偶然にしては出来すぎなような
まあ今はどうでもいいか

ちなみに正論に前提が必須であることが正しいことは、
そのまた前提に「正論に前提が必須である」というちょっとやばげなトートロジーを含むんだけどそこんとこはどう考える?
38 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>37
ちゃうちゃうそこは何でも言っているけど
正論に前提が必須であることを前提にするだ
正論に前提が必須であることは正しいかどうかわからんけど
とりあえずそこから出発しますってこと
39 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
正論に小前提が必須であることを大前提にする
くらいの方が分かりやすいかもしれん>>38だとループと誤解されかねんし
45 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
>>39
うーーん
すまん煽るつもりはないが強引なのは否めない...

ソクラテスもそこは指摘してるけど、そこから先は正しいことを信じさせるための騙しあいにしかならんよ

矛盾のないことが正論なら一つの物事に対し全く主張の異なる正論がふたつ以上存在することを容認してしまうし、そうすると正しさってのは人の数だけ存在します!と言えなくもなくなってしまう
46 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>45
容認しても全く問題ないしと思っている
54 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>52
そこら辺は言葉のニュアンスやな
正論の正は論理的に正しいの正だとおもっているからな
一つしかない方は俺は真理と呼んでいる
20 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
前提なしで正論を言うと真理になっちゃうけど
それを人間がやるのはむり
25 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
完全な正論はおそらくないだった
存在が否定されてはいないが具体例を一つも知らないんでな
27 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
具体例ないんかーい
29 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>27
まあ安直に言えば
○○との前提により△△は正しいみたいなのが
正論が正論であるために必要ってことだ
32 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
>>29
やっぱりソフィストじゃないか!
ギリシア哲学やったことあるでしょ
>>31
そうかもね、細かく考えてはいるね
35 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
一応補足で否定できないと書いてあるけど実際はほぼそうだけどほかにいろいろ混ざっているぐらいだと思う
36 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
ただ何が混ざっているかは知らんマジで勉強していないから
40 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
別な言い方をすると

正しいとしたことを置いてからそこから続けます



とりあえずこれをいったん正しいことにします

の二つが論を語るのに必要ってこと
あとは下の方の奴から論理的に導かれたのが正論になりますっていう考え







47 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
まあ実際に政治を運営するときとかは別だと思うが
俺の頭の中ではってことね
48 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
伏線とか保険とかいうことか
50 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>48
ニュアンスが良く分からんが多分違う
49 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
いや逆かもそもそも正論を一つものごとに二つ以上存在させるための理屈なんだよ
52 :名無しさん@おーぷん ID:1dJ
>>46
正論が複数あることはありうるっていうことか
現実には即してると思うが...哲学としてはタブーな気がする
>>49
おkおkそういうことなら納得
哲学ではないけど弁証法だやっぱり
55 :名無しさん@おーぷん ID:9ob
>>49
ひとつの物事に前提1と前提2を持ってあたれば
正論1と正論2が存在するってことよな
んで前提1と2どっちが支持されるかは別問題って話だな
59 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>55
もちろん何か決断する時の方法は別
まあそれはそれとして俺の考えだと正論を二つ存在しうる
57 :名無しさん@おーぷん ID:9ob
正論は真理や自明とは違う
ここがポイントだと思う
62 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>57
ただ前提について正しい論理で導かれた論を正論と考えている
しかし前提が正しいかどうかは別の考えでってことですな
65 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
間違っているとは言わんが何か話が別の話題に飛んだようで
良く分からんのだよ
68 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
科学をたとえにすると
分かりやすくするはずのたとえで
逆にわかりにくくなるのは今までの経験から明らか
72 :名無しさん@おーぷん ID:Haf
>>68
キミね
科学もとことん突き詰めていくと
宗教に行き着く
さらに追及すれば、最終的にある域に到達する

その域こそが、哲学なのタヨ
74 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>72
とりあえずお前が何も考えていないことは分かった
69 :名無しさん@おーぷん ID:JdI
自己流哲学って、ただのマイルールや、こだわりや、俺的考えと何が違うの?
70 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>69
違わんよ
71 :名無しさん@おーぷん ID:JdI
なんだ
それじゃ世界中の全ての人間が自己流哲学者やん
わざわざ>>1に聞くことなんかないだろ
73 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>71
これだけ伸ばしておいてそれはねえよ・・・
77 :名無しさん@おーぷん ID:9ob
>>71
曖昧なままじゃ哲学と言えない
それを明確化して言語として伝えることができて初めて哲学と言える
81 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>77
まあ俺も哲学って書いた方が人が来るかなと思って書いただけだからあんまり気にすんな
82 :名無しさん@おーぷん ID:9ob
ねこかわいい
これだけじゃただの感想だけど
ねこがなぜかわいいのか
ねこの特質やそれによる心的影響がどういう理屈なのか
そういったことを系統立てて説明できたらねこ哲学と言える
83 :名無しさん@おーぷん ID:gIh
なんだ、現実逃避を哲学という言葉で飾っただけか
84 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>83
むしろ向き合う方法やで
85 :名無しさん@おーぷん ID:JdI
あー、言葉や言い方こねくり回して遊ぶスレなん?ここ
86 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>85
俺はそのつもりないけど証明はできないぞ
87 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
前提は他の言葉に置き換えられない?
ばかだからまだニュアンスがわからない
93 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>87
とりあえずこう考えてみよう的な?
94 :名無しさん@おーぷん ID:N6Z
>>93
とりあえずなのか
間違いないものおいてく感じかと思ったからニュアンスがわかんなかったんだな
ありがと
95 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>94
正しい前提を置ける方法があったら僕が知りたいです
88 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
あー…えと……話し切るようで悪いけど、

哲学者さんに質問。
死んだ後ってどうなるんか?
90 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
死の恐怖で最近鬱になってるンゴ。
92 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>90
誰も知らないと思うから恐怖しようがないんじゃないだろうか
96 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
>>92
俺はこう考えて死ぬのが嫌になったんだ。

人をノーパソに置き換えてみよう。
死ぬことは脳が機能しなくなって、身体が動かなくなること、つまり
初期化&シャットダウン、コンセントブチーみたいな感じかね。
この時に何かすれば人は記憶がない状態でも生き返れるんじゃないかと思う。
だって電源消したみたいな状態だからさ。心臓が動いて無くともね。
しかも生き返らせた後も自分は自分である。
だってハードは変わんないんだもん。

でも怖いのはココから。
97 :名無しさん@おーぷん ID:9ob
なんか大きな勘違いがあるみたいだけど
哲学というのは画一的なものじゃなくそこらじゅう無限に広がってるもんだよ
学問としての哲学は「誰かの哲学」を理解することに終始しがちだから勘違いするんだろうけど
102 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>97
だからスレタイでも問題ないやろ?
98 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
死んだら腐敗or火葬が待っている。
つまりハードを再起不能になるまで壊される。
死んだ直後は眠ってるのと大差ないが、燃やされるなんてな
99 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
多分これ生き地獄なんじゃないかと思っている
101 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>99
どうだろう無の素晴らしさを考えてみてはどうだろうか逆に
100 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
その後は意識どころか全てがなくなって塵になって消えてしまうと思っている。
だから怖いんだ。

なんかもっと良いアドバイスくれよ…
103 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
素晴らしさをいきなり考えるのはハードルが高いから無の触れ合ってはどうだろうか
104 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
>>103苦しいぞ。
今の世の中そう甘くない。
105 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>104
無に今の世の中が関係あるのか…?
106 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
すまん。例えが悪かった。
死んだとして俺の意識はどうなっちまう。
無になるということに救いは無いような気がする。

無の良さを教えてクレメンス
108 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>106
生命として存在すると必ず何かが苦しいが
ただの物質になればそれからすべて解放される
111 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
>>108
身体をバラされても?
二酸化炭素と水と灰になっても幸せか?
113 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>111
その状態になったらばらされた苦しみや
幸せを感じることがそもそもないんや
114 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
>>113
先生はあの世を信じるか。
115 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>114
信じない
116 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
ちなみに無の物質になっても不変ではなく、
いつしかは太陽に飲まれる。
それに太陽が膨らまなくとも空間が裂ける。
120 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>116
原子レベルにばらばらになれば個性が失われて大宇宙と一つになれるだろ
119 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
信じないというかまあ少なくとも死んだらよりよくなるという考えは
都合よすぎ
121 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
>>119
その考えは認める。
どっかの学者が死ぬ瞬間の幻影だって言ってたな。
二酸化炭素が脳に溜まってどうたらこうたらとか…
122 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
大宇宙とひとつになって何になるんだ?
そもそも俺らを形作る原子様にだって物質なんだ。
終わりはあるで。


分かんないけど
123 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>122
いいじゃないか逆に永遠に存在したいのか?
その状態で途中で絶望してしまったどうするんだ
124 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
物質は常に安寧を求めるもの。
消えることが絶望だと思う。
125 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
>>124
そうだろうかむしろ永遠に恐怖を感じるよ
何が考えを分けているんだろうか
126 :名無しさん@おーぷん ID:D1Y
もう時間ださらばだ
127 :名無しさん@おーぷん ID:j1N
永遠であることでまた宇宙が創世され
そしてまたこの世に生を受けることが出来るのでは

a15channel
2017年07月26日09:41
1 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
あの本にこう書いてあったから間違いないみたいな思い込みとかさ
3 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
政治とかの論客がそうだな
すぐに本を持ち出す
あれ見てて滑稽だよな
4 :fusianasan@\(^o^)/ 0.net
特定作家ならまだしも様々な作家の本を読んでいれば感化されつづけて修正が入り続けるから
バカのままにはならない
6 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
語彙を増やすには読書だな
7 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
受け取り方も同じじゃないからなあ
9 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
その結果がパヨクか
確かに
12 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
この人がこの本でこう言ってるからこれは正しいんだ!

バカかと
18 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>1
頭のいい人は自分の持論や主観を補強するために読書をするんやで
19 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
馬鹿が本すら読まなかったら超絶馬鹿のまま人生を終えるんやで
22 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
まぁバカみたいな本も山ほどあるからね
てか新聞でもそうだけどね

新聞を読まない奴は〜って昔はよく言われたりしたもんだが
新聞に書いてあることは嘘とか間違いばかりだったりするし

リテラシー低い人は媒体が何であろうと正しい理解ができない







24 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
「自分の考え」なんて大したことないものだと思う
31 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>24
でもないやつだと論理構成が出来てないから批判に反論も出来ない気がする
25 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
本を読んだら頭が良くなるのではなく
元々頭のいい子に本を読む傾向がある
という統計データ
34 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
あたま悪くても政治家できる
35 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
政治家は同じ話を飽きずに何度も出来る能力の方が重要かもしれん
37 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
20代のうちに読んでおくべき必読書

実践理性批判:カント
純粋理性批判:カント
論理哲学論考:ヴィトゲンシュタイン
名指しと必然性:クリプキ
ディスカバー・マインド:ジョン・サール
システムの科学:サイモン
心のパターン:レイ・ジャッケンドフ
現象学の理念:フッサール
ことばと対象:クワイン
言語を生み出す本能:スティーブン・ピンカー
精神のモジュール形式:ジェリー・フォーダー
生成文法:ノーム・チョムスキー
人口論:マルサス
リヴァイアサン:ホッブズ
統治二論:ジョン・ロック
社会契約論:ルソー
自由論:スチュアートミル
国富論:アダム・スミス
資本論:マルクス
人知原理論:バークリー
人間知性研究:ヒューム
人間本性論:ヒューム
雇用、利子、お金の一般理論:ケインズ
経済学および課税の原理:リカードウ
経済学原理:アルフレッド・マーシャル
種の起源:ダーウィン
相対性理論:アインシュタイン
176 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>37
マックスウェーバーのプロ倫
エドマンドバークのフランス革命の省察
ハンナアーレントの全体主義の起源

が抜けてますわ
44 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
ビートたけしは堅い本ばかり読んでるらしい
53 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
本を読むだけじゃ頭は良くならない
本を読みその得たデータを他人と会話で意識共有し間違い探しをしたり他人の意見と擦り合わせて始めて成果になる
63 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
情報は得れば得るほど馬鹿になるから
岡田斗司夫はネットにころがってるようなゴミみたいな情報のことを情報のジャンクフードと呼んでる
食えば食うほど健康に悪いしデブになって醜くくなるのと同じ
ネットやってテレビ見てる限り馬鹿になる一方だよ
73 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>63
正論だけどそれ言ってる本人もゴミみたいな情報をドヤ顔で流してるよな?
10年後は彼のことなんて誰も知らないと思うし
64 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
一般生活なら本を読むより多種多様な人間と会話をするほうが余程頭は良くなる
72 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>64
会話するって結局本を読むことと変わらん
情報を得るだけだから
94 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ O.net
>>72
ちゃんと生きてる人の知識はおのずと体系性を持つので結構有益
67 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
自分の考えを持ってない人間ほど洗脳しやすい
日本の学校教育とは自分の考えを持たない人間を作ることである
要するに社畜養成所ということ
「日本人は勤勉」とよくいうが
自分のやりたくないことを一生懸命やるのは勤勉ではなくてただの奴隷
75 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
会話は相手があるから頭使うんよ
キャッチボール言うやん
たまに自分の言いたい事だけしか言わんお前みたいな奴も居るけど
98 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
本を読むのも大事だし会話をすることも大事だし
100 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
お医者様はぼけ防止に人と話せって言うものね
113 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>100
多分本読むのとは脳の使う部分が違う
148 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
30代までに何事かを発見した科学者物理学者は読書家だったの?
151 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>148
海外論文は鬼のように読んでるけどね
読書家とは違うな
175 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>148
部分と全体だと高校生のハイゼンベルクがアリストテレスの四元素論を友達と語り合うシーンが出てくる
263 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ O.net
>>175
ギリシャ哲学は原始的な考えの宝庫だもんね
今年の4月にハゲ頭のパラドックスが超準解析で解釈できるとする論文が出た
160 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
論文読み書きするためにはある程度本読んでないと厳しいよ
166 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
読書馬鹿は著者を間違ったことを何ひとつ言わない聖人か何かと勘違いしてる
実際にその人をみると
えっこんな奴なの?って思うよ
177 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>166
違うと思う
本をたくさん読んでた方が思想の偏りに気付きやすい
普段読んでない人は一見正しく見えることを簡単に信じてしまう
168 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
論理的におかしいことを見抜くためには説明文に慣れてないといけないし
倫理観を養うにはいろんなタイプの物語文に触れると言い
人に騙されないために小さい頃から本を読む習慣が身についてると良い
184 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
こういう議論になると理系は哲学が何百年何千年も前に論じていた問題系以前に退化しちゃうんだよね
186 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>184
哲学は所詮哲学なので
207 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>186
当時は科学も哲学の一部だよ
何百年も前に論じてた問題の成果を踏まえもせずに何となく思いついた素朴な議論をぶち上げて恥に思わないのが理系の流儀かね







283 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ O.net
>>207
昔の哲学者は偉いけど今はそうじゃないからね
188 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
専門的な知識や技術を得るためには読書が必要
小説は別に必須じゃないけど教養として読んでおくと人生がちょっと楽しくなる
200 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
本を読むって行為をしてるだけのやつと
理解してるやつの差は埋まらない
208 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
語彙読解力は文章読まん事には養われんからね
213 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
批判的検討の能力が無いやつが詐欺やデマの犠牲になるのは本に限った話じゃなくてテレビでも宗教家の説法でも同じこと
現にいま頭がボケかかったジジババたちや全世代のお馬鹿な層がテレビに騙されちゃってるでしょ?
231 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
俺の長年の経験からすると
本読んで頭が良くなるのは10代まででそれ以降は
いくら読んでよんでも老化現象のが勝つので頭良くはならない
この場合頭の良さとは情報処理能力や記憶力のことでそれが向上しないということ
ただ本を読めば知識は増えるし年を取れば経験も増えるので物事の理解力は高まると思う
233 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
賢くなる為には気付きが必要
気付きを経験する度に賢さに近づくのだろう
それにはその人にあった書籍であればよい
芸人が書いたような軽い本で国民の大半が何かの気付きを得たなら
国民のレベルはその程度なのだろう
276 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
書を捨て街へ出よ
302 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
本を読む事の何が最も有益か
それは「頭の良い人の思考を学べること」
身の周りになんてチンパンジーしかいないんだから
知的に優れた人の本を読む事でチンパンジーは人間になれるのよ
326 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
ニュースを見たら頭が良くなると言うが馬鹿が見たら作り手の持論や主観に感化されて馬鹿になるだけじゃないの?

これでスレ立てた方がよかった
329 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
人類のエリート=欧米のエリートなのは誰も否定しないだろう
彼らを作る学校で徹底的に学ばせるのは「論理的思考」
古代ギリシャの大学から最も重視される学問
人間はこれを学ばないと事実も根拠もない珍妙な思考をするチンパンジーな訳

これが理系か文系か?
どっちでもない
理系とか文系とか意味もなく分けてないのよ
論理的思考には日本人が理系と言う学問と文系と言う学問どっちも必要だから

それを分けてる日本人が総合的な知力で欧米人に劣ってしまうのは当然
現場監督と職人の知性の差みたいなものができてしまう
331 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
でも論理的思考って実際は人間のちっぽけな思考力と想像力に縛られてるから
人類の経験が詰まった歴史学と論理的思考&その検証の最終産物である諸々の理論をいっぱい学ぶことも必要なんだよね
378 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ O.net
>>331
論理学も歴史に揉まれまくった末の産物だぞ
383 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>378
論理は実存そのものだと思う
論理学はその通りだね
464 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
ネットって情報量が多過ぎてその中に全ての情報や知識があるような錯覚に陥るけど
実際のところカス程度しか載ってなくて重要な話はいまだネットの外側あるいは有料コンテンツなどのクローズドな環境の中に置いてある
469 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
>>464
それと逆のことを佐藤優は言ってるけどな
重要な情報も実はネットで無料公開されてることが多いと
つまりそれが需要な情報だと気がついて他の様々な事象と結びつける分析力と
教養が必要なんだけどね
611 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ O.net
>>469
昔の話だが有能なクレムリンウォッチャーに情報源を訪ねたら「新聞の国際面」という答だった
要は何を見てとるかが重要という話
467 :名無し募集中。。。@\(^o^)/ 0.net
知ったかは何読んでも知ったかなんだよ
それに気づかないから知ったかなわけで

a15channel
2017年07月19日19:23
1 :名無しさん@おーぷん ID:LnQ
「チャレンジしなかった事」

なんか深いな
2 :名無しさん@おーぷん ID:kxX
チャレンジしたグループに絞ったらチャレンジしたことになる予感
3 :名無しさん@おーぷん ID:r8u
>>2
チャレンジして失敗したグループならそうかも・・・
7 :名無しさん@おーぷん ID:YxY
>>2
ありそうな予感
124 :名無しさん@おーぷん ID:i12
>>2
ホントそれだよな
チャンレンジしなかったからその歳まで生活出来たんだろうよ
8 :名無しさん@おーぷん ID:LnQ
チャレンジしようとしても現実には金も時間も必要だしね〜
中々実現し難いよね
9 :名無しさん@おーぷん ID:YxY
>>8
若い頃はお金と時間が無いし
歳をとると体力が無いし
詰んでるよな
11 :名無しさん@おーぷん ID:PCb
わかりやすく言えば…
若いうちは「俺は天才だ。周囲が認めないだけだ。準備ができたらやってやる」
老人「あの時やっとけば今頃周囲全員が俺を崇め奉ってたに違いない。俺は才能を発揮できなかった」
12 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
チャレンジしなかったから老人になれたことを考えられていなかったりしてな
16 :名無しさん@おーぷん ID:faw
>>12
安定を望んで長生きできたのにな







14 :名無しさん@おーぷん ID:hnb
チャレンジして失敗した人は、この世からいなくなってるから成功した人とチャレンジしなかった人しか残らないんだな
15 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
チャレンジしない人間だからこそ身体に負担が少ないから長生きしたんよ
18 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
チャレンジする=太く短い人生になる傾向
19 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
怠け者=細く長い人生に
25 :名無しさん@おーぷん ID:LnQ
若い頃にはチャレンジ精神はあっても金と時間が無くて実現させるのが困難
老人になればそこそこ金と暇はあるけど体力が無くて実現させるのが不可能

皆同じ環境だったんだろうな…

若くて金も時間もありチャレンジ精神旺盛であれこれやってたらもう死んでたかもしれないしね…w
まぁ、運命か
26 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
若い奴→チャレンジしたくねえ安定させないと
年寄り→安定したからチャレンジしたいけど気力ねーや
27 :名無しさん@おーぷん ID:Hvr
今のお年寄りはバブル経験者だからなー
当時ボロ儲けした人を間近で見てきたんじゃないかな
28 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
後悔のない人生を歩みたいね。
29 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
>>28
でもずっと思考停止するかすぐ死ぬかぐらいしか
後悔のない人生がない気がするわ
32 :名無しさん@おーぷん ID:faw
>>29
毎日ちゃんと考えて後悔ないような毎日を送る
そうすれば後悔の少ない人生を送れるBYジジイ
33 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
>>32
まあ爺になったことないいからわからんわ
31 :名無しさん@おーぷん ID:Uwb
つまり、勉学でチャンスを掴まんとな
34 :名無しさん@おーぷん ID:oCR
ああ、でも老人ならチャレンジしてればって思うかもな
その年代の人の若い頃ってうまくやってれば小金持ちぐらいにはなれてただろうし
36 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
逆にチャレンジしたからこそ後悔する場合もあるだろうから難しいな
39 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
どうせいつか死ぬんだしやりたい事を全てやって死にたいわな
41 :名無しさん@おーぷん ID:LnQ
けどチャレンジ出来る環境に置かれてたとしても失敗をした場合のリスクを考えたら自分にストップを掛けちゃうよね?
結局は度胸が無かったって事かな?
42 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
>>41
これそうだよね。失敗した場合の事を考えるとなかなか踏み出せないよね。
何でもやってみればいい、失敗してもいいではないかとの考えにはどうも賛同しかねる。
48 :名無しさん@おーぷん ID:LnQ
>>42
ねーっ!?
その老人たちは、チャレンジしないで安泰な道を選択して来たから未だに生き延びられてるのかも知れないしね?w
44 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
なぜ今チャレンジしないのかって話だよな
46 :名無しさん@おーぷん ID:faw
>>44
めんどくさいし今のご時世に起業して5年生き残れるの? って感
49 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
>>46
年寄りでもチャレンジできるやろ?って話
45 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
家族に迷惑かけるわけにはいかんし。
47 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
俺は勢いでやってしまって後悔したことの方が多いなあ・・・
何でもチャレンジすりゃ良いってもんじゃないよ
相手(個人でも家族でも会社でも)の立場を想像してからじゃないとどうせ上手くいかないからね
51 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
>>47
これだよね、何でもやってみて考えればいいとか無責任な事を言うもんじゃないよな。
50 :名無しさん@おーぷん ID:BIS
そもそもチャレンジしなかったことの内容ってなんだろうなって感じだな。

何人かは好きな人に告白しなかったみたいな感じの気がする。
海外渡航だって現実お金がなくて無理みたいな話な気がする
53 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
若いとき理由をつけてチャレンジしなくて
老人になっても今理由をつけてチャレンジしない
何も成長していないもしくは本当はチャレンジしたくないのが7割いるって話やろ?
54 :名無しさん@おーぷん ID:nN2
失敗した時のリスクを考えるとおいそれとチャレンジできない気持ちはわる
55 :名無しさん@おーぷん ID:oCR
そもそもチャレンジなんて大層なものかな?
気になる漫画を買う
買って面白かったor面白くなかったってのもチャレンジじゃないのか?
リスクの大きさで測ってるのか?
58 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
>>55
多分人生で最も後悔しているようなチャレンジと言う前置きがあるからやろ
60 :名無しさん@おーぷん ID:oCR
>>58
失敗すれば破滅
ぐらいのリスクがないとチャレンジとは言えんってことか







62 :名無しさん@おーぷん ID:a3R
>>60
そこまではないけど一生記憶に残るぐらいのことじゃね
57 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
死ぬ間際に「我が人生一片の悔いなし」言えばOk
59 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
「あんなに働かなきゃ良かった」←これもよく聞くよ
61 :名無しさん@おーぷん ID:v9v
ちがうだろ
リスク云々なんて合理的な話じゃなくて
やるかやらないかって状況でやるっていう選択が怖かくて逃げたってことだろ
63 :名無しさん@おーぷん ID:2Ni
苦労の先に何があるか分からない状態でするからこそ、努力が難しいんだよ
失敗するって将来を知った上で「努力すればよかった、チャレンジすればよかった」ってのは大間違い

今からでも努力すればいいのに、それをする勇気もないなら黙ってろと思う
67 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
飲食業界の常識なんだけどさ
料理人とか店長とかの経験者が個人で独立しても3年後には半数が倒産してるんだよね
10年後まで店が存在してる例は1割程度なの

「何でもチャレンジが大事」みたいなことは考えない方が良いぞ
68 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
>>67
何でもチャレンジなんて無責任だなと俺は幼少期から感じてたよ。
挑戦しない人を「臆病だとか」言う人いるけど、何でもチャレンジするのがいいとも思わないわ。
69 :名無しさん@おーぷん ID:v9v
>>67
倒産が失敗とも限らないけどな
70 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
倒産が失敗でないとか無理があるんじゃないさすがに
74 :名無しさん@おーぷん ID:oCR
あれ?店は何回か潰してからが本番みたいなの無かったっけ?
78 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
>>74
じゃあ、自分でやってみれば?
30代で2000〜3000万円の借金背負ってる人がゴロゴロしてるの解かるから
108 :名無しさん@おーぷん ID:oCR
>>78
新参の経営者だか飲食関係だかは忘れたが
確か一発で成功なんてないから何回か会社潰してやっとやり方に気付く
みたいな感じのニュアンスだったと思う

逆に言えばそれが出来るぐらいじゃないと会社経営なんてできないってことじゃないかと思うが
なんで俺がヤればって話になるのかはわからんわ
75 :名無しさん@おーぷん ID:v9v
一度しかチャンスがないわけじゃないんだから
倒産してもその反省とノウハウは次に活かせる
ビジネスで成功してるやつは多額の借金負ったことあるようなやつも多い
82 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
世は大後悔時代
87 :名無しさん@おーぷん ID:faw
>>82
起業家達は合併というなのひとつなぎの悲報を求めて旅立つ
84 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
倒産してもやり直しが出来ないって事はないだろうが、経済的な面からも負担は大きいだろうし
倒産しないで成功する人だっているわけだから、やっぱ倒産は失敗と考えるのが普通だろうな
98 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
今の時代に起業をするのはリスクあるだろうな
105 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
>>98
バブル時期に独立した人だって何割が生き残ってるのか解からないもんな
122 :名無しさん@おーぷん ID:vXj
>>105
だね、その時期でもそうなのに今の時代なんてリスク大きいと思うわ。うまみもあんまりないと思う。
起業するならアフリカだとか発展途上の国がいいと思う
106 :名無しさん@おーぷん ID:YxY
商店街にある潰れた傘屋とか見るとどうして傘1本で勝負しようとしたのか疑問だけと
昭和の頃はアリだったんだよなあーいう専門店
110 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
>>106
印鑑の専門店とか作業着の専門店とかでもしぶとく生き残ってる店はたまにあるな
109 :名無しさん@おーぷん ID:fwg
人間は二択の選択をすると
選択しなかった方がよく見える
これは脳の作りだからどうしようもない
120 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
>>109
それは真理かもな
121 :名無しさん@おーぷん ID:dcN
チャレンジして失敗
チャレンジして成功
チャレンジしなくて失敗 ← 後悔するのってこれくらいでね?
チャレンジしなくて成功
128 :名無しさん@おーぷん ID:v9v
>>121
それが1番最悪だもんな
144 :名無しさん@おーぷん ID:tMg
後悔あればこそ人は頑張れる
後悔あればこそ若者に助言できる
147 :名無しさん@おーぷん ID:xBN
>>144
お前がこのスレで頑張ってるのは解かるよ
149 :名無しさん@おーぷん ID:eFk
爺A「早めに別れておけばよかった」
爺B「会社辞めてラーメン屋やりたかった」
婆A「大学くらいいっておけばよかった」
婆B「妥協せずもっと良い男捜せば良かった」

調査員「う〜ん、チャレンジしなかった事を後悔してるに4票!」

a15channel