[ 議論 ]

2016年12月02日15:00



d6458deb




1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火)13:26:11 ID:zRj
縮んでもいない

そう確信するんだけど、理系の人、どう思う?

続きを読む
a15channel
2016年12月01日17:25



url




1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/30(水)23:19:05 ID:???
グローバリゼーションへの懸念、オーストリアと仏で深刻=独調査

[ベルリン 30日 ロイター] - グローバリゼーションに対する懸念は、
欧州の市民を極右政党に向かわせる最も重要な要素であり、その懸念はオーストリアとフランスで最も高い。ドイツのベルテルスマン財団が30日、調査結果を発表した。

調査は、欧州連合(EU)加盟国の1万4936人を対象に8月に実施された。

グローバリゼーションを脅威だと回答したのは、オーストリア人の55%、フランス人の54%。過半数を超えたのは、この2国のみだった。

続き ロイター
http://jp.reuters.com/article/europe-globalisation-survey-idJPKBN13P0ND

続きを読む
a15channel
2016年11月30日19:00



_SX357_BO1,204,203,200_




1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/29(火)17:40:36 ID:???
トランプ勝利の根因、「反知性主義」とは何か
「知能」が「知性」を打ち負かした
岡本 純子 :コミュニケーション・ストラテジスト

世界を驚かせたドナルド・トランプの大統領選勝利。この選挙の流れに影響したのが、クリントンなどの「エリート」や「知識人」、「エスタブリッシュメント」に対する反感だった。それは何も、今にして起こったわけではなく、こうした「反知性主義」こそがアメリカの底流であり、本質なのだ――。50年前、コロンビア大学教授・リチャード・ホーフスタッターは著作「アメリカの反知性主義」において、こう洞察した。

果たして、トランプ当選は、「未知の領域」の出来事か、「歴史の必然」なのか。壮大なアメリカ史に迫り、ピューリッツァー賞も受賞したこの名著を2003年に翻訳し、日本に紹介した渋谷教育学園の田村哲夫理事長に、トランプ当選の歴史的意義を聞いた。

――アメリカの反知性主義とはどのようなものか。

アメリカには知的な生き方や知識層に対する憤りがあり、そういった生き方の価値を否定し、矮小化しようとする動きが常に存在してきた。進化論などの科学を否定するキリスト教の福音主義(聖書にもとづく信仰を強調するプロテスタントの考え方)であったり、共産主義のみならず知識人全体を攻撃したマッカーシズム、ビジネス重視の実利主義など、建国以来、知的権威やエリートとされる層を批判の対象とする潮流があり、折々に先鋭化して、歴史の舞台に表出してきた。

1900年の初頭、ヨーロッパから大量の移民が押し寄せ、貧困が深刻化、格差の拡大と同じタイミングで、反知性主義が台頭したが、ここ最近はラテンアメリカからの大量の移民流入などを背景に同様の機運が高まりつつあった。

続き 東洋経済オンライン 全3ページ
http://toyokeizai.net/articles/-/147025

続きを読む
a15channel
2016年11月30日15:00



b1eaba5773a0676a3312e64942affa4c




1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/11/29(火)22:01:33 ID:???
正社員、1年で74万人増 非正規上回る
総務省調査

 企業が正社員を増やしている。総務省が29日発表した10月の労働力調査によると、正社員は前年同月に比べ74万人増え3405万人となった。非正規は31万人増の2028万人だった。正社員の増加が非正規を上回るのは2カ月連続だ。

 企業は年末の繁忙期を前に、待遇のよい正社員でないと人手が集めにくくなっている。

続き 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H6J_Z21C16A1EE8000/

続きを読む
a15channel
2016年11月30日10:00



images-1




1: ■忍法帖【Lv=14,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2016/11/29(火)12:22:23 ID:s82
◆ 日露平和条約「辛抱強い努力必要」 ロシア大統領報道官
[産経ニュース 2016.11.29 11:44]


 【モスクワ=黒川信雄】ロシアのペスコフ大統領報道官は28日、日露間の平和条約締結問題をめぐり、「現在、専門家レベルで詳細の検討が進められている」としつつ、「双方にとり、非常に辛抱強い努力が必要とされる問題だ」と述べ、解決には相当の時間がかかるとの認識を示した。イタル・タス通信が伝えた。

 ペスコフ氏はまた、貿易や投資など経済分野をめぐって「(大統領訪日時に
署名される)非常に充実した内容の文書が作成されており、最終段階にある」と指摘。安倍晋三首相が提案した8項目の協力計画に沿い「内容の濃い、具体的な作業が行われている」と語った。

     ===== 後略 =====


全文は下記URLで。
http://www.sankei.com/world/news/161129/wor1611290019-n1.html

続きを読む
a15channel